2015年6月/最新情報

HOME > 最新情報 > アーカイブ > 2015年6月

2015年6月

省エネ住宅ポイント申請受付中!

省エネ住宅ポイントの御問い合わせが多くなってきております。

各メーカーの予想ですと、夏期間中の申請件数が伸びそうなので予定より早く申し込み終了との事。

早めにご相談して頂ければ、御見積り・工事・ポイント申請を迅速に対応させて頂きます。

耐震工事を兼ねればプラス150,000ポイントが受け取れます!

詳細はコチラをご参照下さい。(国土交通省省エネ住宅ポイント解説)

下記は国土交通省省エネ住宅ポイント解説の抜粋です。

 

省エネ住宅ポイント

①窓の断熱改修

②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

③設備エコ改修(エコ住宅設備を3種類以上設置する工事)
 ※太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓

なお、①~③のいずれかとあわせて実施する以下の改修工事等も対象となります。
(一括申請は①②のいずれかの改修工事)

④その他の工事等
・バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等拡張)
・エコ住宅設備(2種類以下)
・リフォーム瑕疵保険への加入
・耐震改修工事

 

■対象期間

工事請負契約

平成26年12月27日以降
※建築着工前である場合、既存契約の変更契約を含みます。

工事の着手※

平成26年12月27日~平成28年3月31日
※工事請負契約以降
※契約対象となる工事全体の着手

工事の完了

平成27年2月3日以降

 

■交換可能なポイント

発行ポイントの上限

1戸あたり 300,000 ポイント
※耐震改修を行う場合は、1戸当たり 450,000 ポイントを限度とします。

申請方法・書類を確認する

ポイントの発行申請は平成27年3月10日より受付開始です。

 

 

リクシル かんたん耐震リフォーム工法「アラテクト」設計・施工業者登録

当社は リクシル かんたん耐震リフォーム工法「アラテクト」設計・施工登録業者となりました。

既存内壁を解体することなく耐震補強が出来る画期的な商品がリクシルより発売が開始されました!

使用出来る建物仕様に色々と制限がございますが、ケースバイケースで今までの補強工事仕様と併用する事で性能が発揮出来る商品ではないでしょうか。

是非、ご興味のあるかたはご相談下さい。

 

下記リクシルHPより抜粋

現在、日本の既存住宅の中で、現行の耐震基準を満たしていない住宅は1,000万戸以上※2あるといわれており、“住む人の命と財産を守る”住宅の耐震改修が急務とされています。国土強靭化施策の基本方針でも、2020年までに耐震化率95%達成が政策目標とされるなど、国を挙げて進められています。

しかし一方で、一般的な耐震改修には、壁や天井の解体が必要となり、生活者にとっては負担が大きくなることから、住宅の耐震化はなかなか進んでいない現状があります。

そこで今回、より耐震改修を普及させるため、繊維シートを用いることで室内側から壁や天井を壊さない、全く新しい耐震リフォーム工法「アラテクト」を開発しました。

橋脚の補強や防弾服などにも使用される高強力繊維「アラミド繊維」を加工し、厚さ1mm以下のシート状にした「アラテクトシート」を、既存の室内壁の上から専用の座金・ビスで固定するだけの簡単施工で、構造用合板同等の耐力(5.3kN/m)を発揮します。壁だけでなく、床や天井も解体することなくリフォームができるため、短工期・低コストで住まいながらの耐震改修工事が可能となります。

なお、「アラテクト」は、一般財団法人日本建築防災協会より住宅等防災の「技術評価」を取得しており(評価番号:DPA-住技-64)、設計、施工者は、事前に技術講習を受講して頂く必要があります。LIXILでは、4月より全国13会場で技術講習を展開していき、講習修了社より順次発売を開始します。

LIXILは今後も、「アラテクト」による耐震リフォームの普及を推進し、“お客さまの資産価値を守り続ける”より高品質な住まいづくりをサポートしていきます。

■開発の背景

住宅の耐震改修が急務とされる中、現状は思うように進んでおらず、国の目標とする平成32年(2020年)に向け、今まで以上に耐震化を進めていく必要があります。

耐震化が進まない背景として、一般的な耐震改修では、壁や天井の解体が必要となり、生活者にとっては経済的にも生活的にも負担が大きくなってしまうという点があります。

そこで、これまでも高耐震高気密高断熱住宅「スーパーウォール工法」や、ひと部屋単位の断熱エコリフォーム「ココエコ」など、住宅の高性能化に取り組んできたLIXILは、もっと耐震改修を普及させたいという思いから、生活者の負担が少ない耐震リフォーム工法の開発を行いました。

 

■カンタン耐震リフォーム工法「アラテクト」特長

1.業界初、高強力繊維「アラミド繊維」を活用した耐震リフォーム工法

アラミド繊維は、引張強度が鉄の約7~8倍の高強力繊維です。建築土木分野では橋脚補強や、その他特殊クレーン用ケーブルなど、各分野で強度が必要となる部分への使用実績があります。「アラテクト」では、このアラミド繊維に樹脂を含浸させ、厚さ1mm以下の薄い板状にしたシート(アラテクトシート)を、壁の耐震補強材として使用しました。(一財)建築防災協会の「住宅等防災技術評価」を取得しており、木造軸組構法住宅の耐震改修工法として評価されています。

2.既存壁の上から張るだけの“既存壁を活かした耐震改修”を実現

施工は、既存壁を壊さず、壁の上からアラテクトシートを専用の座金とビスで固定するだけの簡単施工。床や天井や壁を壊すことなく、構造用合板同等の耐力(5.3kN/m)を発揮します。

また、大がかりな工事が不要のため、一般的な耐震改修工法と比べ、住みながら、短工期・低コストで耐震改修工事を行うことができます。

 

<施工の流れ>

①既存壁の上にアラテクトシートを床から天井まで張ります。
②専用の座金・ビスで柱と間柱に固定します。
③最後にせっこうボード・クロスなどで仕上げます。

« 2015年4月 | メインページ | アーカイブ | 2015年10月 »

このページのトップへ