耐震診断・補強工事の知識/宮地建築設計 | 東京の耐震補強/耐震診断 一級建築士事務所

HOME > 耐震診断・補強工事の知識

耐震診断・補強工事の知識

耐震診断は、、、

耐震診断は、「木造住宅の耐震診断と補強方法」( 【監修】 国土交通省住宅建築指導課 【発行】 財団法人 日本建築防災協会)の内容に基づき行います。
◆ 一般診断法
 耐震改修等の必要性の判定を目的としており、必ずしも改修を前提としない診断方法です。
 調査にあたっては原則、内装材や外装材を剥がしたりしません。
◆ 精密診断法
 改修の必要性が高いものについて、部材やそれらの接合部等に関する より詳細な情報に基
 づき、改修の必要性の最終的な判断を行うことを目的とした診断方法です。
 また、改修を施すものについては、改修後の耐震性も診断します。

 

 

耐震診断法について

耐震診断の評価は、4段階に分かれ、数値で表されます。
この数値が小さい方が耐震性能が低く、危険であることを示しています。
危険度 上部構造評点(Iw) 判 定
1.5以上 倒壊しない
1.0以上~1.5未満 一応倒壊はしない
0.7以上~1.0未満 倒壊する可能性がある
0.7未満 倒壊する可能性が高い
木造住宅が大地震の揺れに対して倒壊するかしないかを上部構造評点(Iw)の結果により、
表のように判断します。建物が必要な耐震性能を満たすには、Iwが1.0以上である必要があります。
 

 

 

耐震補強工事の相場について

 

耐震工事の相場について

リフォーム業界の価格体系は、一般的にわかりにくいと言われていますが、耐震補強工事にも同じ事がいえます。 ただ、耐震補強工事にも相場はありますので、そういった知識を抑えておくことで、失敗しない業者選びを行うことができます。

財団法人日本建築防災協会が行った、「木造住宅における耐震改修費用の実態調査」によると、 耐震補強工事は、およそ100万円~150万円で行われることが最も多く、 全体の約50%以上の工事が200万円以下で行われています。


耐震工事に必要な費用の目安について

もちろん、お住まいの建物の古さ、大きさ、補修内容によって差はありますが、 相場としては上記のような価格帯を抑えておくと良いかと思います。

 

 

耐震補強工事に必要な費用の目安について

 

耐震補強工事にかかる費用は、建物の構造や状態、使用する部材などによって異なる場合が多いため、 あくまで予算を決めるときや、業者からの見積書を確認するときに一つの参考としてご確認下さい。

坪単価での参考価格

  • スケルトン(内部全面解体)での改修する場合:1坪あたり30~40万程度
  • 既存の下地を利用して小さな間取り変更などを行う場合:1坪あたり20~25万程度
  • 間取り変更を行わず、水回りと内装の張替えのみ行う場合:1坪あたり10~15万程度

部位別での参考価格

  • 【外壁】外壁側から筋交いや構造用合板などにより補強する場合:13~15万/幅910mm
  • 【内壁】押入れや室内側から、筋交いや構造用合板などにより補強する場合:9万~12万/幅910mm
  • 【屋根】軽い屋根へ葺替え:1.5万~2万/㎡
  • 【基礎】無筋コンクリートへの増打ち補強、耐力壁を新設する部分の基礎の新設等:4万~5.5万/㎡
  • 【ホールダウン金物の設置】:1箇所あたり5~10万

このページのトップへ