最新情報/宮地建築設計 | 東京の耐震補強/耐震診断 一級建築士事務所

HOME > 最新情報

「次世代住宅ポイント制度」について②

予算規模1,300億円 「次世代住宅ポイント制度」

国土交通省は「次世代住宅ポイント制度」の創設とその内容を公表しました。
消費税率の引き上げに伴う景気の落ち込みを回避する目的で作られたこの制度には、
必要経費として1,300億円もの大規模予算を計上(準備のための経費として
2018年度2次補正予算案にも8,600万円を計上)。住宅分野が”特需”の恩恵を受けたかたちとなります。
 
では、今回創設された「次世代ポイント制度」とはどのような制度なのでしょうか。

付与ポイントは?

原則、消費税率が10%になる場合の新築・リフォーム工事が対象となります。
 
【次世代住宅ポイントの概要】

次世代住宅ポイント表1.png

 

 

 

 

 

 

もらえるポイントは、新築とリフォームでことなります。
新築では、最大35万ポイント。リフォームでは、若者・子育て世帯が既存住宅を購入する場合や
「安心R住宅」を取得する場合などの条件によって変わってきますが、最大60万ポイントとなります。
工事完了後にポイント発行申請を行い、付与されたポイントは、環境、安心・安全、健康長寿・高齢者対応、
子育て支援、働き方改革に資する商品等(公募により選定)と交換することができます。
 

高性能化がカギ

「次世代住宅ポイント制度」という名称からもわかるように、支援の対象となるのは一般的な住宅ではありません。
省エネや耐久性が高く、国が掲げる大目標「優良ストックの形成」に寄与する住宅である必要があります。
下記表に示したような新築・リフォームが対象となります。
 
次世代住宅ポイント表2.png次世代住宅ポイント表3.png
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                                                                                    
【ポイントの内訳】
次世代住宅ポイント表4.png次世代住宅ポイント表5.png

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の制度では、ビルトイン食器洗機や掃除がしやすいトイレ、宅配ボックスのような家事の負担を軽減してくれる
設備に対してもオプションで9000~1万8000ポイントが加算されます。また、耐震性のない住宅を建て替える場合には
15万ポイントが付与されます。
 

増税後がお得?

このポイント制度と、「住宅ローン減税」「すまい給付金」などと組み合わせると、増税前に購入するよりも、
増税後に購入する方が消費者にとっては経済的なメリットを得られる場合もあります。
ただ、一概には言えないため、住宅事業者に様々なケースを説明してもらうとよいでしょう。
 

LIXIL 夏のクールリフォームキャンペーン開催

《夏の快適生活&防犯対策》LIXIL 夏のクールリフォームキャンペーンのお知らせです

LIXILでは、上記期間中に採風玄関ドアや、日射遮蔽商品など、夏の快適生活と防犯対策に最適な

LIXILおすすめの対象商品を購入したお客様に素敵な商品が当たる、

『LIXIL 夏のクールリフォームキャンペーン』を開催しています。

昨年の夏は、各地で最高気温を更新し、熱中症で搬送された方も過去最多(約4割が住居で発生)

となり、さらに、猛烈な強さの台風も多く発生し、多くの住まいが被害を受けた年でもありました。

今年も梅雨入り前の5月にに各地で真夏日を観測するなど、熱中症などの対策が必要です。

 

今回の『LIXIL 夏のクールリフォームキャンペーン』では、《夏の快適生活&防犯対策》として、

夏を快適・健康に過ごす開口部まわり(窓・玄関ドア・日よけ・オーニング・テラスなど)の

リフォームアイテムに加え、台風に備えるアイテムとして改めて注目されている雨戸、シャッターなど、

後付けが可能で、1日で工事が終わるLIXILのリフォーム商品を対象に実施されています。

開催期間中に対象商品を使ったリフォーム工事を実施いただき、ご応募いただいた方の中から抽選で

総額1000万円の素敵な商品がプレゼントされます。※一部テラス商品などは1日施工ではありません。

 

キャンペーン期間:2019年5月13日(月)~8月20日(火)

応募締め切り:2019年8月31日(土)まで

応募対象:開催期間中に対象商品を使用したリフォーム工事を実施いただいたお客様

     ※応募は、お一人様1回限りとなります。

応募方法:こちら『キャンペーンサイト』にアクセスいただき、応募フォームよりご応募ください

対象商品:

「リフォーム雨戸」シリーズ、「リフォームシャッター」、「インプラス」シリーズ、

「リ プラス/リフレム」シリーズ、「リシェント」シリーズ、「しまえるんですα」、

「スマー ト宅配ポスト」、「スタイルシェード」、「彩風」シリーズ、「LIXIL テラス SC」、「スピーネ」

プレゼント賞品:

◆健康・安心コース 総計40名様 ①ダイソン 空気清浄機能付きファンヒーター ②HONDA EU9iGB(エネポ)
 
◆体験コース 総計80名様 ⓷一休.com ギフト 選べるペアご宿泊券 風(かぜ)コース50,000円相当
                   ④JTB旅行券 50,000円分
 
◆金券コース 総計200名様 ⑤JCBギフトカード 10,000円分 ⑥Amazon ギフト券10,000円分
 

当選発表:当選は厳正な抽選のうえ、商品の発送をもって代えさせていただきます。

LIXIL夏のクールリフォームキャンペーン1.pngLIXIL夏のクールリフォームキャンペーン2.png

LIXIL春のショールームフェア2019開催中です

LIXIL春のショールームフェア2019

期間:2019年4月1日(月)~6月30日(日)

期間中、フェア対象商品をLIXILショールームでお見積り・ご成約、2019年8月31日(土)までに

商品を設置いただいたお客様に抽選で素敵なプレゼントを差し上げます。

対象商品ご成約で特典がいっぱいです。是非この機会にリフォームをご検討ください。

特典1

◆Aコース 対象商品を1点ご成約のお客様に抽選で合計20名様に人気のアイテムをプレゼント!

・対象商品  キッチン:アレスタ、浴室:アライズ・リノビオ、洗面化粧台:エルシィ

       トイレ:プレアス・リフォレ、玄関ドア:リシェント、エクステリア:暖蘭物語・ジーマ・ココマ・フィリア

・プレゼント商品  選べる体験ギフト おもてなしの宿、松坂屋ステーキ用、シャープヘルシオホットクック

          ダイソンサイクロン式ハンドクリーナーV7、BOSEスマートスピーカー

◆Bコース 対象商品を1点ご成約のお客様に抽選で合計30名様に人気のアイテムをプレゼント!

・対象商品  キッチン:リシェル、浴室:スパージュ、洗面化粧台:ルミシス、トイレ:サティス

・プレゼント商品  ソニー43V型4K対応LEDテレビ、シロカ炊飯器かまどさん電気、ダイソンコードレスクリーナー

          キャノンミラーレス一眼カメラEOSM100ダブルレンズキット

特典2

開催期間中に対象商品をお見積り・ご成約、お申込みいただくと、5年及び10年の長期保証サービスを

特別価格でお届けします。

詳細は添付チラシをご覧ください。

LIXIL春のショールームフェア1.png

LIXIL春のショールームフェア2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LIXIL春のショールームフェア3.png

2018年度 ホームプロ顧客満足優良会社 表彰!

2018年度 ホームプロ顧客満足優良会社 表彰!

この度、リフォーム業者紹介サイト最大手『ホームプロ』で、

株式会社宮地建築設計は、『ホームプロ表彰 2018年度 顧客満足優良会社』に選出されました!

毎年1千社以上の登録業者の中から、数十社程度の選出社となります。

ご利用頂きました皆様への感謝とともに、より一層サービスの充実に社員一同取り組んで参ります。

 

ホームプロとは

インターネットによるリフォーム業者マッチングサイトで、分かりやすく言うと

「インターネットを使って、ワンクリックで何社も一括でお見積りができる」ようなサイトです。

実際はリフォームの場合、保険のように単一単価で出す事がほとんど不可能なので、お伺いする形になりますが、

自分で電話帳やインターネットを調べて1社1社探すのはかなり労力がいる作業です。

それを、ホームプロは一括で行うことができます。

リフォームマッチングサイトは増えてきていますが、その中で利用者数・件数が断トツでNO.1なのが

ホームプロとなります。

ホームプロ側で厳しい審査があり、業者として登録されるのはかなり大変なことですが、

弊社は2017年4月より登録しております。

ホームプロ サイト down

 

顧客満足優良会社とは?

ホームプロでは、実際にリフォームを行ったお客様から

施工を行ったリフォーム会社に対して、5段階の満足度評価を頂いています。

1年間に頂いた評価を各社ごとに集計し、

評価の平均が4.75点以上の会社を「顧客満足優良会社」として表彰されます。

 

 

 

 

 

 

LIXILリフォームローン低金利キャンペーンのご案内

LIXILリフォームローン低金利キャンペーンのご案内です!

キャンペーン期間:2019年4月1日(月)~2020年3月31日(火)

お支払回数:6回(6カ月)~84回(7年)払い ⇒ 実質年率 1.80%

お支払回数:96回(8年)~180回(15年)払い ⇒ 実質年率 2.55%

◆特徴1:最長15年固定金利

 お支払いは6~180回(6ヵ月~15年)まで対応。お申込み時の金利が完済時まで適用されます。

◆特徴2:お取扱金額

 下限10万円から上限1,000万円までお取扱いが可能となります。

◆特徴3:担保・保証料不要

 担保・保証料は不要です。

◆特徴4:団体信用生命保険付保

 加入希望のお客様に限ります。別途、保険会社の審査がございます。

 審査の結果、ご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

というとってもお得な内容となっております。upwardright

リフォーム工事全般でご利用いただける、安心・簡単・便利なリフォームローン低金利キャンペーンです。

この機会に是非お得にお住いのリフォームをしてみませんか?

詳細についてはお気軽にお問合せください。

LIXILリフォームローン低金利キャンペーン.pngLIXILリフォームローン低金利キャンペーン2.png

「LIXILメンバーズコンテスト2018」リフォーム部門にて敢闘賞を受賞しました!

この度、株式会社LIXIL主催の「LIXILメンバーズコンテスト2018」のリフォーム部門にて

当社が手掛けたお客様の住まいが敢闘賞を受賞いたしました。

本コンテストは、お客様にとって「いい住まい、いい暮らし」をいかに実現しているかを審査基準とし

優れた住宅を表彰する業界最大級の住宅コンテストです。

Good Living友の会」加盟会社(全国で14,000社以上)の数多くの応募作品の中から選ばれました。

 2019年もお客様に喜んで頂けるリフォーム工事を提供し、また受賞出来るよう頑張って参ります!

 

After 写真

リビング1after.pngリビング2after.pngのサムネイル画像キッチンafter.png洗面所after.pngトイレafter.png屋根裏after.png玄関after.png

 

 

Before 写真

リビングbefore.pngダイニングキッチンbefore.png縁側before.png洗面脱衣室before.png浴室before.pngトイレbefore.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《世田谷区》木造住宅の耐震化支援事業 助成額拡充のお知らせ

世田谷区 木造住宅の耐震化支援事業 耐震改修工事等 

助成額拡充のお知らせ(2021年3月31日まで)

世田谷区では令和2年までに耐震化95%を目指し、木造住宅への耐震化支援事業を行っています。

平成30年度から令和2年度まで期間限定で、木造住宅の耐震改修工事等の上乗せ助成を実施します。

対象事業、助成額及び対象者は以下の通りになります。

助成額拡充表.png

申請を希望される方は、事前相談の必要書類(パンフレット6.7ページに記載)をご用意いただき、

下記お問合せ先に事前にご予約の上、世田谷区 防災街づくり担当部 防災街づくり課に直接行かれてください。

耐震診断をされていない方は、まずは無料耐震診断(パンフレット3ページに記載)を受けてください。

 

【お問合せ先】世田谷区 防災街づくり担当部 防災街づくり課 TEL:03-5432-2468

 

通学路に面した擁壁改修等工事の補助制度《世田谷区》

擁壁改修等補助金交付制度の概要

世田谷区では、安全で災害に強い街を実現するために、通学路に面したがけ地について、

擁壁の新設または安全性に問題のある擁壁の改修工事を行う方に対して、改修等工事費用の一部を補助する制度があります。

※改修工事とは、安全上問題のある擁壁を造り替える工事または自然がけに擁壁を新設する工事を指します。

※補修工事については補助の対象にはなりませんのでご注意ください。

補助の対象

・通学路に面しているがけ地又は既存擁壁の改修工事

・現状の擁壁が、建築基準法に適合していないもの、または、国土交通省で作成している
 「我が家の擁壁チェックシート」で点検した場合の評価点が5.0以上であるもの
 
・工事後の擁壁の高さが2mを超えるもの
 
・建築基準法、宅地造成等規制法及び都市計画法並びに東京都建築安全条例に定める基準に適合し、
 検査済証を交付されるもの
 
・不動産取引等の営利を目的としていないもの
 

補助対象者

補助事業の対象となる自然がけや安全性に問題のある擁壁が存する土地の所有者等

※法人は対象になりません。

補助金額

補助対象経費の3分の1

補助対象経費

安全性に問題のある擁壁の解体撤去費用、擁壁の設置工事費用、自然がけの樹木の伐採費用等

補助限度額

300万円

申込方法

改修工事を行う前に必ず事前相談を行ってください。事前相談が行われた場合、区の職員が現場を確認し、
補助対象になるかどうか連絡いたします。

その他

ご自分の所有する擁壁について、ご自身で安全性をチェックできる「我が家の擁壁チェックシート」があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

この制度についてのお問合せ先

世田谷区 防災街づくり担当部 防災街づくり課 TEL:03-5432-2558 FAX:03-5432-3043

 

 

住宅ローン減税を拡充 控除期間10年⇒13年に

2019年度与党税制改正大綱決まる

住宅関連では、消費税率引き上げにともなう住宅取得支援策として、住宅ローン減税の控除期間を
3年間延長し建物購入価格の消費税2%分の範囲で減税する措置等が盛り込まれました。
このほか、ストック関連の税制も拡充されています。
今年10月の増税を控え、景気への配慮を感じさせる改正項目が並びました。
さらに、次世代住宅ポイント制度の創設も発表されました。
 

消費税負担軽減策を手厚く「住宅ローン減税」「すまいる給付金」「贈与税非課税枠」を拡充

住宅ローン減税を拡充 控除期間10年⇒13年に

1~10年目については現行制度通り、住宅ローンの年末残高(上限:一般住宅4000万円、
長期優良住宅5000万円)の1%を所得税や住民税から控除します。
さらに、今回の改正により控除期間を3年延長し、11年目以降13年目までは、
上記の額もしくは建物購入価格(上限は同じ)の2%の3分の1のいずれか小さい額を控除します。
ただし、この延長控除の対象となるのは、消費税率10%が適用される住宅を取得し、
2019年10月1日から2020年12月31日までに入居した場合となります。
 
住宅ローン減税の拡充図.png

すまい給付金や贈与税非課税枠も

このほかにも、消費増税時の負担緩和策がいくつか用意されています。
そのひとつが「次世代住宅ポイント制度」です。
さらに、「すまいる給付金」の年収要件が緩和されます。
対象世帯は、消費税率8%時の年収の目安は510万円まででしたが、
10%時には年収775万円までが給付対象になります(住宅ローン利用時)。
給付額も最大30万円から最大50万円に引き上げられます。
また、贈与税の非課税枠を最大1200万円から最大3000万円に拡充します。
ただし、最大3000万円とするには、一定の省エネ、耐震、バリアフリー性能を満たした
住宅にする必要があります。
 

空き家売却所得の控除を延長 被相続人の直前入居要件を緩和

空き家の発生を抑えるために実施されている、相続空き家を売却して得た所得から3000万円を
特別控除できる特例措置を、2023年12月31日まで4年間延長します。
対象となる空き家は耐震性のある空き家です。(耐震性がない場合は、更地にするか、耐震リフォームを行う)
現行では被相続人が単独で居住し、亡くなった後に空き家の状態であることが要件になっていますが、
これを緩和し、被相続人が老人ホームなどに入居していた場合でも適用できるようにされます。
 

景気対策で既存税制を延長 サ高住整備・土地取引を後押し

このほか、消費税引き上げの影響を抑えるため、経済対策の意味合いからも減税期間の延長が複数
盛り込まれました。
まず、土地の所有権移転登記および信託登記にかかる登録免許税の税率軽減措置を2021年3月31日まで
2年間延長されます。住宅を取得する際に、8割超の人が敷地を同時に取得しているため、
土地取得時の税金が上がると、取得意向が下がることが懸念されることへの配慮です。
また、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の供給を促進するために設けられている
固定資産税や不動産取得税の減税についても、2021年3月31日まで延長します。
ますます増加する高齢者への対応を促進するねらいがあり、この分野は住宅事業者のビジネスとしても
成長・拡大が期待されています。
 

買取再販の減税措置を延長 省エネ改修の要件を合理化

既存住宅の流通を促進するため、「買取再販」で扱われる住宅の仕入れの際にかかる不動産取得税(事業者)
を減額する措置を2021年3月31日まで延長します。
この特例措置は、築年数に応じて住宅部分を最大36万円減額するほか、「安心R住宅」制度に登録したり、
「既存住宅売買瑕疵担保責任保険」に加入する場合は、敷地分もあわせて減額対象になるというものです。
要件は、耐震、省エネ、バリアフリーなどのリフォーム工事を行うことで、
このうち、省エネリフォーム工事に関しては、すべての居室のすべての窓を改修することが求められていますが、
省エネ改修によって住宅全体の省エネ性能を一定以上に確保することでも減税措置の対象とすることができます。
 
リフォーム工事 省エネ改修の要件の変更図1.png
 
 
 

今後30年以内に東北沖でマグニチュード7級の地震発生確率90%と政府予測

今後30年以内に東北沖でマグニチュード7級の地震が発生する確率90%と政府予測公表

政府の地震調査研究推進本部は2月26日に、青森県東方沖から房総沖にかけての日本海沿いで、

今後30年以内に地震が発生する確率を公表しました。

宮城県沖などでマグニチュード7級の地震が発生する確率は90%で、東日本大震災より小規模でも被害が出る恐れのある

地震には、引き続き注意が必要としています。

この海域の評価は2011年以来で、今回はその後の地震活動や地殻変動、過去の津波堆積物の情報を活用し、

超巨大地震などを評価しました。

東日本大震災のように、岩手県沖南部から茨城県沖まで連動するような超巨大地震(マグニチュード9級)は、

直近の発生から8年しか経過していないため、確率はほぼ0%とし、大きな揺れを伴わずに津波が発生する明治三陸地震(1896年)

のような「津波地震」の規模は最大でマグニチュード9、確率は30%としました。

地震予測確率.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、マグニチュード7級の地震は上記表のように

・青森県東方沖及び岩手県沖北部・・・90%以上

・宮城県沖・・・90%

・茨城県沖・・・80%

など広い範囲で高値になっています。

宮城県沖のうち陸の近くの領域は前回は「不明」とされましたが、地殻変動の観測結果などから、

次の地震発生サイクルに入ったと判断され、地震が起こる確率は50%とされました。

マグニチュード7級の地震は、過去に観測された津波は高さ数十㎝程度が多いのです。

マグニチュード9級(10m超え)や、マグニチュード8級(数m)に比べて小さいですが、

波打ち際ではさらわれる危険があります。

1978年の宮城県沖地震(マグニチュード7.4)では、ブロック塀の倒壊などで28人が死亡し、

安全基準が見直されるきっかけとなりました。

地震本部地震調査委員会の平田委員長は、「東北の沿岸で、マグニチュード8、7クラスの確率は高い。

津波や強い揺れに備えることが必要」と話しています。

今後各地で大きな地震がいつ起こってもおかしくない状況ですので、

家具の設置の点検や、災害時の連絡方法の確認など日頃から備えが必要です。

 

 

 

アーカイブ

このページのトップへ