I様邸耐震補強工事【世田谷区】(二世帯住宅大規模リフォーム、歯科技工所新併設)/宮地建築設計 | 東京の耐震補強/耐震診断 一級建築士事務所

HOME > 耐震リフォーム事例紹介 > 木造耐震 > I様邸耐震補強工事【世田谷区】(二世帯住宅大規模リフォーム、歯科技工所新併設)

I様邸耐震補強工事【世田谷区】(二世帯住宅大規模リフォーム、歯科技工所新併設)

I様邸耐震補強工事【世田谷区】(二世帯住宅大規模リフォーム、歯科技工所新併設)の概要

名称 I様邸耐震補強工事【世田谷区】(二世帯住宅大規模リフォーム、歯科技工所新併設)
物件内容 昭和30年代築の住宅です。
自宅内に技工所を開所したいという事で耐震補強工事をかねて
二世帯住宅リフォーム工事も行いました。

木材がどれも立派な為、それを生かしたプランとなっております。
付属工事 外壁張替工事・二世帯住宅リフォーム工事・外構工事等
当社担当 耐震診断・耐震補強設計・工事監理
建物場所 世田谷区
  • 写真1:改修前

  • 写真2:改修前 2階居室-1

  • 写真3:改修前 2階居室-1

  • 写真4:改修前 小屋裏

  • 写真5:改修前 小屋裏
    立派な丸太梁です。これを生かした改修プランとしました。

  • 写真6:改修工事中 

  • 写真7:改修後 玄関周りの石材は、既存を生かしております。2階の屋根を瓦→遮熱性コロニアル屋根にしました。
    軽い屋根にすることで建物自体の耐震性能+遮熱性能を上げる事ができます。

  • 写真8:写真2,3の部屋がこのように変わりました。日中でも暗い部屋を陽のあたる明るい部屋にしたいというお客様からの要望から天井を撤去し梁表しにしました。2つの部屋の間仕切りも撤去し1つの大きなLDKにしております。梁は、既存のものを生かしております。バルコニーを設置。アルミルーバー製にし陽の光がふりそそぐ明るい部屋へと計画しました。

  • 写真9:今まであったアンティーク調の照明設備を残しました。
    廊下側に開口部を一部設けることにより親世帯とのつながりを持つ事が
    できます。(窓から見えますのは筋交いの一部です。)

< R様邸外構バリアフリーリフォーム工事【世田谷区】  |  一覧へ戻る  |  A様邸耐震補強工事【世田谷区】 (世田谷区耐震助成金物件) >

このページのトップへ