お知らせ/最新情報

HOME > 最新情報 > アーカイブ > お知らせ

お知らせ

弊社が加盟している日本木造住宅耐震補強事業者協同組合が国土交通大臣表彰を受賞いたしました!

弊社が加盟している 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合 が、住生活月間記念式典にて『国土交通大臣表彰』を受賞いたしました!

日頃の木耐協さんの耐震化に対する精力的な活動が認められ、国土交通大臣表彰の受賞につながったのだと思います。

弊社も組合の一員としてとても嬉しく、心よりお祝い申し上げます。

木耐協さんの事業活動に刺激をいただき、弊社も一層耐震化に邁進していく所存です。

皆様今後とも宜しくお願い致します。

木耐協ホームページも是非ご覧ください。⇒ http://www.mokutaikyo.com/

 

ブロック塀等の除去工事の費用に対する助成制度について

ブロック塀等緊急除去助成制度(世田谷区)

平成30年6月18日に発生した大阪北部地震での被害を踏まえ、地震によるブロック塀等の倒壊による被害を防止するため、
世田谷区では、平成31年度末までの期限付きで、道路に面したブロック塀等で安全性を確認できないものについて、
除去費用の一部を助成します。
 

◆制度の期間

平成30年9月18日から平成32年3月27日(工事完了まで)
・手続きの流れ、必要書類等の詳細については、
下記添付「助成制度パンフレット」http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/119/337/338/d00161557_d/fil/panfuretto.pdfをご覧ください。

◆ブロック塀とは?

コンクリートブロック塀、万年塀、大谷石塀、石塀、レンガ積塀等の構造の塀を指します。
既存のブロック塀等の安全点検をお願い致します。
 

◆制度を利用できる方

ブロック塀等の所有者、または土地所有者(個人、法人、区内在住は問いません。)
 
◎注意事項
・建物の新築、改築、解体、及び開発行為等に伴う除去工事については、対象外となります。
・住民税等を滞納している方は、対象外となります。
・共有物等は、共有者全員の同意が得られた場合に限ります。
 

◆助成の対象となる塀

つぎの1~3の条件を全て満たしていれば、助成の対象となります。ただし、安全性を確認できるブロック塀等は
対象となりません。
 
1.コンクリートブロック塀、万年塀、大谷石塀、石塀、レンガ積塀等の構造であること。
2.区内の建築基準法の道路または不特定多数の通行の用に供している通路に面していること。
3.道路面からの高さが0.8mを超えるもの。
 
◎注意事項
・既に除去したブロック塀等は、助成対象になりません。
 

◆助成できる金額

助成金額は、つぎの表のとおりです。ただし、実際に要した費用(税込)がこの表に定める金額よりも少ない場合は、
その要した費用を助成の額とします。最大で30万円を上限とします。
 
塀の撤去 塀の高さ 延長1mあたりの助成金額
0.8m超 ~ 1.2m 5,000円
1.2m超 ~ 2.0m 10,000円
2.0m超 15,000円
 

◆助成対象工事の要件

・地面よりも上部に存するブロック塀等の全部を除去する工事であること。
・助成を受けたいブロック塀等が幅員4m未満の道路に面している場合は、事前に狭あい道路拡幅整備事前協議が必要となります。
 
◎注意事項
幅員4m未満の道路に面してる場合、徐除去後新たに塀等を設ける場合は、セットバックした位置に設ける必要がありますので、
 ご注意ください。
 

助成金の申請

・申請をされる前に、必ず世田谷区に事前相談をして下さい。
・現地を確認させていただき、助成対象と認められた場合、申請用紙が送られてきます。
・申請書類審査後に、交付決定書が送られてきますので、除去工事は交付決定書を受け取った後に着工して下さい。
 
※その他必要な書類等は、
下記添付「助成制度パンフレット」http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/119/337/338/d00161557_d/fil/panfuretto.pdfをご覧ください。
 

世田谷区では生垣緑化を推進しています

・接道部に新しく生垣等を作る場合、最大25万円を限度額として植栽費用の実費額を助成しています。
・助成単価は、低木の生垣:6千円以内/m、中木の生垣:1万2千円以内/m、フェンス緑化は1千円以内/m です。
・工事発注前に現地調査及び申請手続きが必要ですのでご注意ください。
 

助成制度案内チラシ

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/119/337/338/d00161557_d/fil/chirashi.pdf

 

お問合せ・事前相談・交付申請窓口

防災街づくり担当部 防災街づくり課 不燃化推進担当

TEL:03-5432-2383  FAX:03-5432-3043

〒154-8504 世田谷区世田谷4-21-27 第一庁舎4階(47番窓口)

※詳しくは世田谷区HPをご覧ください ⇒ http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/119/337/338/d00161557.html

 

 
ブロック塀除去費用1.pngブロック塀除去費用2.png
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロック塀除去費用3.png
 
 
ブロック塀除去費用4.png
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロック塀除去費用チラシ1.pngブロック塀除去費用チラシ2.png

『建物の耐震改修工法等の展示会』のお知らせ

2018年度 耐震キャンペーン ~首都直下地震の備え~

『建物の耐震改修工法等の展示会』が東京都主催により開催されます。

入場無料です!!是非お越しください。

◆日時 

◎9月28日(金)~30日(日)10:00~18:00 新宿駅西口広場イベントコーナー

◎11月3日(土)~5日(月)  10:00~17:00 有楽町駅前広場

 

耐震のプロフェッショナルが約30団体参加!!

◎安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法・装置の事例紹介展示

◎ビル・マンション耐震改修工法の展示

◎都のパネル展示

◎個別相談など

パネル展示コーナーに加え、起震車で地震体験ができる地震体験コーナー

耐震化相談コーナー等ございます。

詳細は下記パンフレットをご参照ください。

耐震化の重要性を考えていただくいい機会だと思います。皆様是非ご参加ください。

建物の耐震改修工法等の展示会チラシ1.png建物の耐震改修工法等の展示会チラシ2.png

 

耐震キャンペーンの開催について(東京都主催)

東京都主催 耐震キャンペーン開催

◆キャンペーン期間 平成30年9月1日(土)~平成31年1月17日(木)

【開催主旨】

いつ起こるかわからない巨大地震から私たちの命を守るため、建築物の耐震化に向けた具体的な対策を進めましょう!

 

耐震フォーラム『首都直下地震への備え』

日時:10月12日(金)13時~16時30分

会場:東京都庁 都議会議事堂 1階 都民ホール

定員:250名(要予約・先着順)

【申込・問合せ先】耐震キャンペーン事務局(受付時間:9時~18時)

         電話:03-6261-6604 FAX:03-6303-0886

 

建物の耐震改修工法等の展示会

◎第1回

開催期間:9月28日(金)~9月30日(日)

時間:10時~18時(最終日のみ16時30分まで)

会場:新宿駅西口広場イベントコーナー(入退場自由)

◎第2回

開催期間:11月3日(土)~11月5日(日)

時間:10時~17時

会場:有楽町駅前広場(入退場自由)

 

耐震化個別相談会

日時:10月12日(金)14時30分~17時

会場:東京都庁 都議会議事堂 1階 都政ギャラリー

定員:30組(予約優先)

【申込・問合せ先】耐震キャンペーン事務局(受付時間:9時~18時)

         電話:03-6261-6604 FAX:03-6303-0886

 

防災体験・耐震改修バスツアー

【Aコース】9月21日(金)午後開催
  東京大学 地震研究所(文京区)⇒マンション耐震改修事例 現地見学(区部予定)
 
【Bコース】10月27日(土)午後開催
  立川防災館(立川市)⇒マンション耐震改修事例 現地見学(市部予定)
 
【Cコース】11月9日(金)午後開催
  清水建設 技術研究所(江東区)⇒テナントビル耐震改修事例 現地見学(港区予定)
 
【Dコース】12月7日(金)午後開催
  東京大学 地震研究所(文京区)⇒マンション耐震改修事例 現地見学(区部予定)

定員:A・Dコース 先着30名、 B・Cコース 先着20名

※事前のお申込が必要です

※防災体験・耐震改修バスツアー(A~Dコース)は、お一人様につき1コースのみ、お申込可能です

【申込・問合せ先】耐震キャンペーン事務局(受付時間:9時~18時)

         電話:03-6261-6604 FAX:03-6303-0886

 

震災写真・都の取組等のパネル展示

開催期間:10月10日(水)~10月12日(金)

時間:10時30分~17時30分まで(初日は13時~17時30分)

会場:東京都庁 都議会議事堂 1階 都政ギャラリー

【展示内容】

東日本大震災や熊本地震、大阪府北部での地震などの震災写真

緊急輸送道路沿道建築物の耐震化促進に関する取組

ブロック塀の安全点検方法など

 

その他

申込・詳細は「東京都耐震ポータルサイト」をご覧下さい。

▷東京都耐震ポータルサイト   http://www.taishin.metro.tokyo.jp/

【お問合わせ先】

東京都 都市整備局 市街地建築部 建築企画課

電話:03-5388-3362

 

耐震診断が義務付けられている建築物の耐震診断結果等の公表について

建築物の耐震改修の促進に関する法律(平成7年10月27日法律第123号、以下「法」という)において、

耐震診断が義務付けられている「要緊急安全確認大規模建築物」及び「要安全確認計画記載建築物」について、

世田谷区より耐震診断の結果と耐震診断結果の未報告の者に対する命令が公表されました。

◆対象建築物について

昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築された建築物で、かつ、以下に該当する建築物です。

◆要緊急安全確認大規模建築物

不特定多数の方や、避難上特に配慮を要する方が利用する大規模建築物で、法附則第3条第1項に規定されています。

◆要安全確認計画記載建築物(特定緊急輸送道路沿道建築物)

東京都耐震改修促進計画において位置づけられている特定緊急輸送道路の沿道の建築物で、高さが概ね

道路幅員の1/2以上のもので、法第7条に規定されています。

◆「耐震診断の結果について」、「耐震診断の方法及び安全性について」、「耐震診断結果の報告命令について」

の詳細は、下記世田谷区HPをご覧ください。

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/119/343/3433/d00157967.html

 

国土交通省よりブロック塀の点検のチェックポイントが発表されました

6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震による塀の倒壊被害を受け、国土交通省よりブロック塀の点検のチェックポイントについて発表がありましたのでお知らせいたします。

こちらを参考に、既存の塀について安全点検のチェックをしていただけたらと思います。

******************************

ブロック塀について、以下の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。

まず外観で1~5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合や分からないことがあれば、専門家に相談しましょう。

ロ1.塀は高すぎないか

・塀の高さは地盤から2.2m以下か。

ロ2.塀の厚さは十分か

・塀の厚さは10cm以上か。(塀の高さが2m超2.2m以下 の場合は15cm以上)

ロ3. 控え壁はあるか(塀の高さが1.2m超の場合)

・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した 控え壁があるか。

ロ4. 基礎があるか

・コンクI)ートの基礎があるか。

ロ5. 塀は健全か

・塀に傾き、ひび割れはないか。

く専門家に相談しましよう>

ロ6. 塀に鉄筋は入っているか

・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも80cm間隔 以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、 横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。

・基礎の根入れ深さは30cm以上か。(塀の高さが1.2m超の場合)
ブロック塀の点検のチェックポイント.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※詳細につきましては国土交通省ホームページをご覧ください

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/index.html

 

 

 

住宅ローン減税を受ける際に必要な場合がある「耐震基準適合証明書」とは

『耐震基準適合証明書』とは

建物が現行の耐震基準を満たしていることを証明する書類です。

登録建築士事務所に所属の建築士、または指定性能評価機関等が、耐震基準を満たしていることが確認された住宅(上部構造評価1.0以上)に対して発行する証明書です。

 

耐震基準適合証明書のメリット

 ①住宅ローン減税が適用されます

 ②登録免許税が減額されます

 ⓷不動産取得税が減額されます

 ④固定資産税が1年間1/2になります

 ⑤地震保険料が10%割引されます

耐震基準適合証明書を取得すると、上記のように住宅ローン減税を受けられる以外にもメリットがあります。

以下、メリットについてご説明いたします。

 

①住宅ローン減税

住宅ローン減税を受けるには、

  • 耐火構造(コンクリート造) 築25年以内
  • 非耐火構造(木造)     築20年以内

上記の築後年数の要件を満たしていないと、住宅ローン減税は受けられません。

ただし、築20年越えの住宅であっても、住宅ローン減税を受ける緩和策が2つあります。

  • 既存住宅売買かし保険」の付保
  • 耐震基準適合証明書」の取得

 

以下、2つの緩和策の注意点について、ご説明いたします。

・既存住宅売買かし保険

  引き渡しまでに保険の付保を完了する必要があります。

・耐震基準適合証明書

  引き渡し後の証明書取得でも対象となりますが、引渡し前に「耐震基準適合証明書の仮申請書」を
  取得しておく必要があります。

 

※引渡し前の注意点

  ①耐震基準適合証明書申請書(仮申請書)の取得
   ⇒申請書(仮申請書)は確定申告時の提出書類となっており、これが無いと対象となりません。
   証明書の取得費用は3~5万円程度。
  
  ②耐震診断の受診
   ⇒現地調査時間は約2~3時間。診断費用は10~15万円程度。
  
  ③耐震改修計画の立案と見積り
   ⇒耐震診断結果の報告と改修計画の提案までには通常1週間~10日ほどかかります。

※引き渡し後の注意点

  ①耐震改修工事の実施

  ②引き渡し後に6か月以内に入居(住民票の移動)すること。

  ③証明書の発行には最短でも1ヶ月を要するので注意すること。

 

住宅ローン減税が適応されると、最大400万円の所得税控除が受けられます。

適用期間 平成26年4月~平成31年6月
最大控除額(10年間合計) 400万円
控除率・控除期間 1%・10年間
住民税からの控除上限額 136,500円/年
主な要件
①床面積が50㎡であること
②借入金の償還期間が10年以上あること

ただし耐震基準適合証明書発行手続きにあたって注意点があります。

工事費100万円以上の住宅リフォームでも、住宅ローン減税が適用されます。
 
増築や一定規模以上の修繕・模様替え、省エネ・バリアフリー改修なども住宅ローン減税の対象となります。
但し、省エネやバリアフリー改修の場合、別のリフォーム減税(特定増改築等住宅借入金等特別控除)の方が有利な場合があります。
また、リフォーム減税との重複利用は出来ません。
 
 
②登録免許税の減税
 
中古住宅取得の登録免許税が、減額されます。
 
土地や建物を取得する際、所有権保存登記や移転登記などをします。
この登記をする際に掛かる税金が、登録免許税です。
 
・建物の所有権移転登記:2.0%が、0.3%に、
・抵当権の設定登記:0.4%が、0.1%に減額されます。
 
所有権移転登記
  課税標準 通常 軽減税率(中古物件)
 建物  固定資産税評価額 2.0% 0.3%
土地 固定資産税評価額 平成29年3月31日まで 1.5%
平成29年4月1日以降 2.0%
 
抵当権設定登記
 課税標準    通常  軽減税率(中古物件)
債権金額  0.4% 0.1%
 
 
⓷不動産取得税の減税
 
中古住宅取得の不動産取得税が減税されます。土地や家屋を取得したときにかかる税金です。
有償・無償の別、登記の有無、売買、贈与、交換、建築(新築・中古・増築・改築)等によって取得した方が納税します。また、法人・個人を問いません。
 
不動産取得税(通常)
 
税額 = 固定資産税評価額 ✖ 50.0% ✖ 3.0%
 
※平成30年3月31日までに宅地を取得した場合
 
◎耐震基準適合の中古住宅取得の場合
 
税額 =(固定資産税評価額ー控除額)✖ 50.0% ✖ 3.0%
 
※平成30年3月31日までに宅地を取得した場合
 
控除額
中古住宅の新築日 控除額
昭和29年7月1日~昭和38年12月31日 100万円
昭和39年1月1日~昭和47年12月31日 150万円
昭和48年1月1日~昭和50年12月31日 230万円
昭和51年1月1日~昭和56年6月30日 350万円
昭和56年7月1日~昭和60年6月30日 420万円
昭和60年7月1日~平成元年3月31日 450万円
平成元年4月1日~平成9年3月31日 1,000万円
平成9年4月1日以降 1,200万円
 
 
適用要件
居住 個人が自己の居住用に取得した住宅であること
床面積 50㎡以上240㎡以下
耐震基準 昭和57年1月1日以降に新築されたもの
耐震基準に適合していることの証明がされたもの
 
◎耐震基準不適合の中古住宅取得の場合
 
税額 = 通常の税額ー減税額
 
減税額
中古住宅の新築日 減税額
昭和29年7月1日~昭和38年12月31日 3万円
昭和39年1月1日~昭和47年12月31日 4.5万円
昭和48年1月1日~昭和50年12月31日 6.9万円
昭和51年1月1日~昭和56年6月30日 10.5万円
昭和56年7月1日~昭和56年12月31日 12.6万円
 
適用要件
居住 個人取得であること
床面積 50㎡以上240㎡以下
 取得後6ヶ月以内に以下が行われること
・取得した中古住宅について耐震改修工事を行うこと
・耐震改修工事後に、耐震診断によって耐震基準適合の証明がなされていること
・耐震改修工事後、取得者が当該住宅に居住すること
 
④固定資産税1/2 ※耐震改修工事を行った場合のみ
 
家屋の固定資産税が1年間1/2になります。固定資産税の減額は適用要件があります。
(昭和57年1月1日以前から所在する住宅であること・耐震改修費用が50万円超であることなど)
 
⑤地震保険料10%割引
 
地震保険にはいくつかの割引制度がありますが、他の割引制度との併用はできません。
また主に新築を対象とした「耐震等級割引」と、この「耐震診断割引」は別のものですのでご注意ください。

 

上記のように、耐震基準適合証明書を取得すると住宅ローン減税を受けられる以外にもメリットがあります。

様々な適用要件がございますので、ご注意いただき、詳細はお問合せください。

 

 

全国で地震が頻発!地震への備えは万全ですか?

6月18日(月)7時58分頃、大阪府高槻市を震源とした震度6弱の地震が発生し、残念ながら命を落とされた方もいらっしゃいます。

(消防庁6月19日19時発表:亡くなった方5名、負傷者406名(内、重傷7名)、住宅の一部損害515棟)

犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方に心よりお見舞いを申し上げます。

今年に入ってから震度5弱以上の地震だけでも北海道・群馬・長野・大阪・島根・沖縄と7回発生し、震度4まで含めると全国各地で29回発生しています。

いつ、どこで大型地震が発生しても不思議ではありません。

この機会に、是非ご自宅の耐震性の確認と向上を進めて頂きたいと思います。

お早目のご連絡をお待ちしております。

また、併せてブロック塀の診断も行っております。

応急危険度判定員スキルアップセミナーを受講しました

『応急危険度判定員スキルアップセミナーvol.4』を受講しました。

◎講習会日時 2018年6月16日(土)13:30~16:30

◎主催:世田谷区・東京建築士会世田谷支部

◎後援:JIA世田谷地域会・東京建築士事務所協会世田谷支部

◎内容:東京都防災ボランティア制度に登録している「被災建築物応急危険度判定員」が応急危険度判定を要請された際に、迅速な判定をするためのスキルを磨くことを目的として、熊本地震の応急危険度判定を経験した区職員の話や、建物の被害写真による判定調査票の記入の仕方、下げ振りによる柱傾斜測定などの演習を通じて、現場で必要なスキルを学ぶセミナー

※応急危険度判定とは:余震等による被災建築物の倒壊、部材の落下等から招ずる二次被害を防止し、住民の安全の確保を図るため、建築物の被害の状況を調査し、余震等による二次被害発生の危険程度の判定・表示等を行うことをいう。

 

◎プログラム

【第1部】 応急危険度判定制度と世田谷区の取組み

【第2部】 現場を知る~熊本地震における判定活動報告

【第3部】 応急危険度判定手法およびスキルアップ演習

実習では、①「木造建築物の応急危険度判定調査表」を用いた判定演習

     ②モデルを使用した傾斜の測定

     ⓷クラックスケールを使用したひび割れの計測  を行いました。

応急危険度判定員スキルアップセミナー1.png応急危険度判定員スキルアップセミナー2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンクリートブロック積み塀には控え壁で補強しましょう

コンクリートブロック積み塀には基準法で決められた施工基準がございます。

現状のコンクリート積み塀が基準以上の仕様かどうか確認する事をお勧め致します。

ご自宅敷地内の建物、工作物が他者に損害を与えた場合はオーナー責任、若しくは住んでいる方の管理責任が発生致します。

詳しい内容についてはお早めにご相談下さい。


 

◎コンクリートブロック塀控え壁​

コンクリートブロック塀控え壁.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎コンクリートブロック塀 鉄筋コンクリート基礎

コンクリートブロック塀鉄筋コンクリート基礎.png

 

 

オールLIXIL 無金利リフォームローン キャンペーンのお知らせ

リフォームはしたいけど手元資金がない…できるだけ貯金を切り崩したくない.…など、リフォーム資金が気になる方に朗報です!

「オールLIXIL 無金利リフォームローン キャンペーン」が始まります!

当店にてリフォーム工事契約される際に、このキャンペーンを活用すれば、金利を(株)LIXILが負担してくれますので、

金利0%で最長60回(5年)の分割払いが可能になります!

リフォームするなら今がチャンスです!!

◆ローン申込期間:2018年8月1日~2019年3月31日(2019年4月30日までの工事完了分)※予算終了次第、キャンペーン終了となります

◆支払回数:6回~最長60回まで

◆融資金額:20万円以上、1000万円以下

◆月々最低支払額:4000円以上

金利手数料は(株)LIXILが負担します

※詳細は下記画像をご確認ください。

リフォームをお考えの方はこの機会に是非!お得なキャンペーンをご活用ください。

お気軽に当店までご相談ください。

LIXIL 無金利リフォームローン 対象工事・対象商品一覧.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LIXIL 無金利リフォームローンチラシ1.png

LIXIL 無金利リフォームローンチラシ2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LIXIL 無金利リフォームローンチラシ3.pngLIXIL 無金利リフォームローンチラシ4.png

世田谷区の共通商品券が使えるようになりました

世田谷区内で発行している区内共通商品券が弊社でも使えるようになりました。

現金と同じようにお使いいただくことができ、お釣りもでます。

毎年6月頃に販売される「プレミアム付き区内共通商品券」も同様にお使いいただけます。

※商品券の裏面に、有効期限が表示されていますので、有効期限内にご利用ください。(プレミアム付き区内共通商品券の有効期限は、発行日から6か月となっておりますのでご注意ください)

※現金との交換はできません。

弊社が入っている「中町商店会」に加盟しているお店では、ほとんどのお店でこの世田谷区内共通商品券が使えます。是非ご利用ください。

    進々堂 菓子 3702-9161
    ㈲ベーカリー 美味 パン 3705-2868
    メルテス セキネデンキ 電気機器・電話 3701-5543
    ㈱平工務店 建築 3702-3677
    ノーブル商会 クリーニング 3703-5906
    寿々川 日本料理 3703-3727
    洋菓子の店 ルモンド 洋菓子 3701-3433
    焼き肉 ら・ぼうふ 焼肉 5707-0291
    ㈲栄屋酒店 3701-1581
    永沼青果店 野菜・果実 3702-0021
    つるや鮨 すし 3701-4788
    小川写真館 写真業 3703-0495
    ペットショップ天秀 ペット 3701-0718
    中華料理 三幸 中華料理 3702-3894
    美容室アンク 美容業 3701-0409
    ㈲星野塗装工業 建築・塗装 3703-4378
    栃木屋 金井商店 ジュース・タバコ 3701-2301
    キャッスル パン 3704-5756
    バーバー荻原 理容業 3701-7211
    あさひ学習塾 学習塾 3704-9884
    セイロン紅茶とカレーの店 カレー 3704-0246
    (株)ヨークマート 中町店 スーパーストア 5760-3030
    菊田製菓 おこし・あられ製造販売 3701-1910
    竹陣 貸室業 3702-9786
    デイサービスセンターなごやか 用賀 通所介護 5758-6896
    ドライショップ・ナナ クリーニング 3703-1436
    ㈱宮地建築設計 リフォーム工事 6432-1591

 

第33回砧地区緑化まつりに出店参加して参りました!

5月20日に世田谷区大蔵運動公園噴水広場周辺で行われました 第33回砧地区緑化まつりに東京土建砧分会として出店参加して参りました。

当日は天候にも恵まれ、フリーマーケットや模擬店、果物・野菜の販売、ウルトラマンヒーローと握手・撮影会、

フラダンスや鼓笛・太鼓の演奏などもあり、たくさんの来場者で賑わいました!

東京土建砧分会のスーパーボールすくいやヨーヨーすくい、木工教室(事前予約制)などは、子供たちに大人気で行列ができるほどでした!

住宅相談は残念ながら行列ができませんでした(T_T)

たくさんの子供たちの笑顔を見ることができ、とても有意義な時間となりました。

ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

砧地区緑化まつり①.png砧地区緑化まつり2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砧地区緑化まつり3.png砧地区緑化まつり4.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砧地区緑化まつり5.png

 

 

 

 

 

 

 

 

5/20に開催される《第33回砧地区緑化まつり》にて 東京土建砧分会による「住まいの何でも相談会(無料)」に参加します

第33回砧地区緑化まつり にて 東京土建砧分会による「住まいの何でも相談会(無料)」に参加します!

毎年恒例となりました砧地区恒例の一大イベント「砧地区緑化まつり」が今年も開催されます!
「緑化まつり」は、地区の町会・自治会をはじめ、砧地区近辺で活動する様々な団体が協力して行うお祭りです。
緑豊かな街づくり、環境保全に関する啓発、地域住民並びに子どもたちの交流の場を提供することを目的として、様々な催しを行っています。
毎年たくさんの人で賑わう楽しいイベントです。つきたてのおもちや子どもコーナー、毎年大盛況のフリーマーケット、果物や野菜の販売など様々な催しが行われます。
昨年度の来場者はのべ13000人!たくさんのコーナーがあり、大盛況でした。

東京土建砧分会では、「住まいの何でも相談会(無料)」を行います。

耐震やリフォームのご相談、木工教室・子供工作教室などもあり、
大人も子供も楽しめるイベントがたくさんあります!是非お立ち寄りください!
この機会に住まいのことなら何でもご相談ください!


★日時:5月20日(日)午前10時30分~午後2時まで ※雨天中止

★場所:大蔵運動場公園噴水前広場周辺(世田谷区大蔵4-6)

★交通アクセス(バス路線のご案内)
成城学園前駅~都立大学駅北口(都立01)
二子玉川駅~成育医療研究センター(玉31)   
二子玉川駅~美術館(玉32)
⇒「区立総合運動場」下車
成城学園前駅~渋谷駅(渋24)・等々力(等12)・用賀駅(用06)
調布駅南口~渋谷駅(渋26)
⇒「成育医療研究センター」下車徒歩5分
⇒「NHK技術研究所」下車徒歩7分

◆一級建築士による住まいの何でも無料相談 耐震診断・リフォーム・バリアフリー他
◆火災警報器取付相談
◆木工教室(予約制)
◆親子で「まが玉」作り(先着30名無料)※汚れてもいい服装で
◆ヨーヨー、スーパーボールすくい(先着順)

【東京土建砧分会の催し物等のお問合せ先】東京土建一般労働組合世田谷支部
世田谷区上馬5-34-16 TEL:03-3413-3020
砧分会 担当:宮地

 

★第33回砧地区緑化まつり~つくろう砧の町の輪、とどけよう被災地に元気と笑顔を~ 内容詳細★

今年も東日本大震災と熊本地震災害の募金箱を設け、被災地を応援します。ご協力をお願いいたします。

◎ステージ発表 

11時15分~11時35分 砧音楽療法研究会(フラダンス)

11時40分~12時00分 砧小学校鼓笛演奏隊

12時35分~12時55分 山野太鼓演奏

13時05分~13時25分 大蔵天空太鼓演奏

◎ウルトラヒーロー 握手・撮影会

今年は「ウルトラマンガイア」がやってくる!

①10時45分~11時15分 ②12時~12時30分 ⓷13時30分~14時

各回先着60組とさせていただきます。人気コーナーのためお集りの人数によっては開始時間前に締め切ることもございます。ご承知おきください。

◎販売 

・野菜・果物、観葉植物、つきたてのおもちなど

・各種模擬店(フランクフルト、焼きそば、玉こんにゃく、飲み物、おにぎり、ポップコーン、カキ氷など)

・その他福祉施設の出店など

◎フリーマーケット

砧地区(砧・大蔵・岡本)にお住まいの方々による出店です

◎体験

・地震体験車

・白バイコーナー記念撮影(10時30分~12時)

・消防ポンプ車(10時30分~11時30分)

・水消火器体験

◎子どもコーナー

・青少年砧地区委員会コーナー(キラキラバッジ・ブーメランづくり)

・山野・鎌田児童館コーナー(スラックライン・伝承遊び)

他にもさまざまなコーナーがあります。皆様お誘いあわせの上、是非お越しください。

◎お願い

・環境を考えたイベントです。お買い物にはエコバッグをご持参ください。

・会場内にゴミ箱は設置しません。ゴミのお持ち帰りにご協力ください。

・駐車場には限りがあります。公共交通機関でのご来場にご協力ください。

 

【砧地区緑化まつりのお問合せ先】砧総合支所 砧まちづくりセンター TEL:03-3417-3405

砧地区緑化まつりの詳細については世田谷区HPをご覧ください

⇒ http://www.city.setagaya.lg.jp/event/1993/d00146052.html
 

砧地区緑化まつり.png砧地区緑化まつり 住宅デー.png

 

 

 

 

平成30年度住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業募集開始

民間の空き家や空き室を、高齢者、低額所得者、子育て世帯等の住宅
確保要配慮者向けの専用賃貸住宅に改修する場合に補助する制度があり、公募を開始しています。



募集期間は2018420日(金)から2019228日(木)まで。



事業の要件

交付申請しようとする事業は、次の1)6)のすべての要件を満たすこと。

1)住宅確保要配慮者専用の住宅として登録されるものであること
 (登録基準は、新たな住宅セーフティネット制度の法第9条第1項第7号〈1025日施行〉参照)

2)専用住宅として10年以上登録するものであること

3)入居者の家賃の額が、以下の額を超えないものであること
 家賃の上限額=(67,500×50/65×市町村立地係数

4)入居者(世帯)が次の116のいずれかに該当する者(世帯)
 1.高齢者
 2.障害者
 3.子どもを養育している者
 4.被災者
 5.低額所得者
 6.外国人
 7.中国残留邦人
 8.児童虐待を受けた者
 9.ハンセン病療養所入所者等
 10.DV被害者
 11.拉致被害者
 12.犯罪被害者等
 13.更生施設退所者
 14.生活困窮者
 15.被災者(準ずる区域として国土交通大臣が定めるもの)
 16.賃貸住宅供給促進計画に定める住宅確保要配慮者

5)地方公共団体の空家等対策計画等(供給促進計画、地域住宅計画等)
において、空家の住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅への有効活用等
の推進が位置づけられていること

6)居住支援協議会等が住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅への情報
提供・あっせんを行う等、地方公共団体が居住支援協議会等と連携に係
る取組を行っていること



交付申請者・補助を受ける者

専用住宅に係る改修工事等の発注者(法人・個人)かつ登録事業者。
専用住宅の所有者、サブリース業者が登録、申請、工事発注を行い、
補助金を受給することも可能。



補助額

専用住宅の整備に係る改修工事費用の13以内の額(補助限度額:50万円/戸)

*耐震改修工事、共同居住用住居に用途変更するための改修工事又は間取り
変更工事を実施する場合、補助限度額:100万円/戸
*共用部分については、改修費を全住戸面積に占める補助対象住戸面積で面積
按分して補助対象工事費を算出



補助対象工事

()バリアフリー改修工事
・手すりの設置、段差の解消、廊下幅等の拡張、浴室の改良、便所の改良等に係る工事
()耐震改修工事
()共同居住用住居への用途変更工事
()間取り変更工事
()居住のために最低限必要と認められた工事
()居住支援協議会等が必要と認める工事
()上記工事に係る調査設計計画(インスペクション含む)



募集期間

2018420日(金)から2019228日(木)(消印有効)


交付申請要領

こちらをクリックしてください


詳細情報はこちら

 

 

平成30年度世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金について

《世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金について》

世田谷区にお住いの方に嬉しい お得な補助金制度スタートのお知らせです!

4月から来年2月末までに工事が完了するリフォーム・リノベーションをお考えの方、

世田谷区に補助金を申請することができます!

この補助金をご利用いただくと、

◎対象工事における経費の10%(上限20万円まで)

◎区の耐震改修工事の助成と併せて20%(上限40万円まで)

が世田谷区より助成されます。

申請は工事契約を行う前に行うことが必要です。

 

◆申請受付期間及び工事期間

①受付期日 平成31年2月まで 

工事は、補助金交付決定後に着工し、平成31年2月末までに工事が完了すること

②予算の執行状況によっては、平成31年2月より前に受付を終了する場合があります

 

◆世田谷区環境配慮型住宅リノベーションの対象工事

①「ア~ケ」のいずれかの工事を行うとき

ア、外壁等の断熱改修(断熱材を使用した外壁、屋根、天井又は床の改修工事)

イ、窓の断熱改修(二重窓、二重サッシの取付け)

ウ、窓の断熱改修(複層ガラスの取付け)

エ、屋根の断熱改修(高反射率塗装)

オ、太陽熱ソーラーシステム、又は太陽熱温水器の設置

カ、節水トイレの設置

キ、高断熱浴槽の設置

ク、分譲マンション共用部改修(LED照明器具設置)

ケ、分譲マンション共用部改修(段差解消や手すり取付け)

 

②「ア~キ」のいずれかに併せて「コ」又は「サ」を行うとき

コ、高効率給湯器の設置

サ、住宅の外壁改修

・申請者により対象工事が異なりますので、詳しくは、下記世田谷区ホームページの「6 対象工事」をご覧ください。

・対象となる改修工事の概要、機器類の種類、評価基準等については、「補助事業の説明」をご覧ください。

 

⓷補助金の予定額

リノベーション補助金.png

 

 

 

 

 

 

 

 

★その他規定等 詳しくは、下記の世田谷区ホームページをご覧ください。

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/119/331/332/d00143536.html

 

 

世田谷区 耐震化助成制度が変わります

◆世田谷区 耐震化助成制度が変わります

※昭和56年5月以前着工の建物が助成対象です

 

❶木造住宅の耐震改修等への上乗せ助成(30年度から3年間)

従来の助成額100万円に加え、30万円の上乗せ助成を実施します。

さらに、要介護(3以上)、身体障害者(1、2級のみ)の方へは、20万円の上乗せを実施します。

 

❷木造住宅の助成対象事業の変更(一部地域)

一部の地域で、助成対象事業を変更します。

木造住宅の助成対象事業の変更.png

 

 

 

 

 

 

 

❸耐震シェルター・ベッド設置費用の対象者拡大と上乗せ助成(30年度から3年間)

耐震シェルター・ベッド設置費用の対象者拡大と上乗せ助成.png

 

 

 

 

 

 

 

「インスペクションの説明義務化」について

宅地建物取引業法の一部を改正する法律が平成29年4月1日に施行されました

我が国が本格的な人口減少・少子高齢社会を迎える中、既存住宅流通市場の活性化は、国民資産である住宅ストックの有効活用、既存住宅流通市場の拡大による経済効果の発現、ライフステージに応じた住替えの円滑化による豊かな住生活の実現等の観点から重要な政策課題となっています。


 一方、我が国の既存住宅の流通量は、年間17万戸前後と横ばいで推移しており、既存住宅の流通量が増加しない要因の一つとして、消費者が住宅の質を把握しづらい状況にあることが挙げられています。


 このため、消費者が安心して既存住宅の取引を行える市場環境の整備を図り、既存住宅の流通を促進する必要があります。
 また、近年、不動産取引に関連する制度等が専門化・高度化していることに鑑み、宅地建物取引業の業務に従事する者の資質の向上や、消費者利益の保護の一層の徹底を図る必要があります。


これらを踏まえ、宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号)を改正し、一部の規定が平成29年4月1日に施行されました。(平成29年4月1日施行以外の部分については、平成30年4月1日に施行されます。)
 

詳しくは国土交通省HP​ http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_tk3_000132.html

 

世田谷区・目黒区お花見穴場スポット

日に日に暖かくなり、桜も満開でお花見日和ですね!!

ただお花見の人気スポットは、多くの人で混雑しているのが少し難点。。

と思っている方へ、今回はお花見の穴場スポットをご紹介させていただきます!!

 

田園都市線「桜新町駅」より徒歩7分にある「呑川緑道(ノミガワリョクドウ)」!!

川の両側におよそ300本の美しい桜のトンネルが続き、私たちの目を楽しませてくれます。

駅から少し離れていますが、知る人ぞ知る穴場スポットの為、ゆっくり散策しながら雄大な桜を鑑賞出来ますね!

呑川緑道の近くにはいくつかの公園もある為、休憩しながらお弁当やお菓子を食べるのもいいですね!

今週一杯満開の桜を楽しむ事が出来るようなので、皆様足を運ばれてみてはいかがでしょうか!

ブログ記事世田谷区お花見.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

cherryblossom世田谷区内の主な桜の見どころ情報(地域別)cherryblossom

☆世田谷地域☆ 

●駒沢公園(駒沢公園1-1)約200本 http://www.tef.or.jp/kopgp/ 

●世田谷公園(池尻1-5-27 )ソメイヨシノ、サトザクラなど、約100本  http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004239.html

●蛇崩川緑道(下馬2丁目から3丁目周辺 ) ソメイヨシノ 約100本 http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/106/157/691/d00014322.html

烏山川緑道の桜並木(経堂1丁目から宮坂1丁目付近) ソメイヨシノ 約80本

●桜丘すみれば自然庭園(桜丘4-23-12) ソメイヨシノ 1本
  開園時間 午前9時から午後4時 (4月は午後5時まで開園しています)

☆北沢地域☆

●羽根木公園(代田4-38-52) ソメイヨシノ 約100本 http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004240.html
  問い合わせ 羽根木公園有料施設窓口(電話03-3322-0415)

●北沢川緑道(代沢3丁目から5丁目周辺) ソメイヨシノ 約200本 http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/106/157/691/d00014287.html
  問い合わせ 北沢公園管理事務所(電話03-5431-1822)

●総合福祉センター(松原6-41) http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1224/1353/d00007558.html
  問い合わせ 総合福祉センター(電話03-5376-3411)

☆玉川地域☆

●九品仏浄心寺(奥沢7-41-3)約50本 東急大井町線九品仏駅からすぐ 

●等々力不動尊(等々力1-22-47)約500本 東急大井町線「等々力」駅下車 南へ徒歩5分
  【バスでお越しの場合】等01系統 等々力不動尊下車 徒歩1分 http://manganji.or.jp/

●呑川親水公園・呑川緑道(深沢1丁目から8丁目周辺) ソメイヨシノ 約300本 http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00019331.html
  問い合わせ 玉川公園管理事務所(電話03-3704-4972)

●上野毛自然公園(上野毛2-17-19) サトザクラなど http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00023430.html
  問い合わせ 玉川公園管理事務所(電話03-3704-4972)

☆砧地域☆

●砧公園(砧公園1-1)東急田園都市線「用賀」から徒歩20分 または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車
  駐車場(有料) 約930本 http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index004.html

●成城学園前駅前街路樹(成城6丁目周辺) ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラ など約350本 
  問い合わせ 砧公園管理事務所(電話03-3417-9575)

●きたみふれあい広場(野川沿い)(喜多見9-25先) ソメイヨシノ、ヤマザクラ 約100本 http://www.city.setagaya.lg.jp/miryoku/1307/1312/1313/1328/d00006133.html
  問い合わせ 砧公園管理事務所(電話03-3417-9575)

●次大夫堀公園(喜多見5-27-14)http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00014473.html
  問い合わせ 次大夫堀公園民家園(電話03-3417-8492)

●都立砧公園(砧公園1-1) オオシマザクラ、シダレザクラ、ソメイヨシノ  約30本 http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004243.html
  問い合わせ  都立砧公園サービスセンター(電話03-3700-0414)

☆烏山地域☆

●上北沢桜並木(上北沢3丁目32番から24番付近) ソメイヨシノ、ジンダイアケボノ  約50本
  問い合わせ 烏山公園管理事務所(電話03-3308-0731)

●上祖師谷四丁目エドヒガン桜 (上祖師谷4丁目23番から26番付近) エドヒガン 約90本
  「エドヒガン桜」について
  名前のとおり、春の彼岸の頃に花を咲かせます。花は薄紅色から白で、花弁は5枚で一重。ソメイヨシノの片親としても知られています。
  問い合わせ 烏山公園管理事務所(電話03-3308-0731)

●世田谷文学館(南烏山1-10-10)http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1264/d00004198.html
  問い合わせ 世田谷文学館(電話03-5374-9111)

●都立蘆花恒春園(粕谷1-20-1)http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004248.html
  問い合わせ 都立蘆花恒春園(電話03-3302-5016)

●都立祖師谷公園(上祖師谷3-22-19)http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004244.html
  都立祖師谷公園内の「仙川 ワシントン桜」について
  仙川に架かる宮下橋と鞍橋の西側の散歩道に桜並木が続いています。これは明治45年に、当時東京市長だった尾崎行雄がワシントン市に贈り、それが里帰りしたものです。
  問い合わせ 都立祖師谷公園(電話03-5384-1693)

cherryblossom区内さくらまつり情報はこちら⇒ http://www.city.setagaya.lg.jp/2015/2016/d00158653.html

 

cherryblossom目黒区の主な桜の見どころ情報cherryblossom

●目黒川 約830本 上流… 池尻大橋駅から徒歩3分 中流… 中目黒駅から徒歩1分 下流… 目黒駅から徒歩6分、不動前駅から徒歩5分

●立会川緑道 約100本(目黒区原町一丁目2番先から碑文谷一丁目28番先)目黒線の西小山駅 http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/shokai_rekishi/konnamachi/michi/michi/nanbu/tachiai.html

●碑文谷公園 約110本(目黒区碑文谷六丁目9番11号)最寄り駅:東横線の学芸大学駅 http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koen/himonya.html

●駒場公園(目黒区駒場四丁目3番55号)最寄り駅:井の頭線の駒場東大前駅 http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koen/komaba.html

●駒場野公園(目黒区駒場二丁目19番70号)最寄り駅:井の頭線の駒場東大前駅 http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koen/komabano.html

●菅刈公園(目黒区青葉台二丁目11番25号)最寄り駅:東横線・日比谷線の中目黒駅、東横線の代官山駅 http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koen/sugekari.html

●西郷山公園(目黒区青葉台二丁目10番28号)最寄り駅:東横線・日比谷線の中目黒駅、東横線の代官山駅 http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koen/saigo.html

●蛇崩川緑道(目黒区上目黒一丁目23番先から五丁目28番先)最寄り駅:東横線・日比谷線の中目黒駅

●祐天寺(目黒区中目黒五丁目24番53号)最寄り駅:東横線の祐天寺駅

●瀧泉寺(目黒不動)(目黒区下目黒三丁目20番26号)最寄り駅:目黒線の不動前駅

●林試の森公園(目黒区下目黒五丁目)最寄り駅:目黒線の不動前駅・武蔵小山駅 http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index003.html

●碑さくら通り(通称)(目黒区碑文谷三丁目17番先から目黒本町五丁目25番先)最寄り駅:東横線の学芸大学駅 https://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/shokai_rekishi/konnamachi/michi/michi/nanbu/ishisakura.html

●碑文谷八幡宮(目黒区碑文谷三丁目7番3号)最寄り駅:東横線の学芸大学駅 

●呑川本流緑道(目黒区緑が丘三丁目3番先から八雲三丁目31番先)最寄り駅:東横線の都立大学駅 http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/shokai_rekishi/konnamachi/michi/michi/seibu/nomigawa.html

●呑川柿の木坂支流緑道(目黒区中根一丁目3番先から東が丘一丁目35番先)最寄り駅:東横線の都立大学駅 https://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/shokai_rekishi/konnamachi/michi/michi/seibu/nomigawa_kakinokizaka.html

●呑川駒沢支流緑道(目黒区八雲二丁目25番から八雲五丁目14番先)最寄り駅:東横線の都立大学駅

●九品仏緑道(目黒区緑が丘三丁目3番先から自由が丘一丁目5番先)最寄り駅:東横線・大井町線の自由が丘駅 https://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/shokai_rekishi/konnamachi/michi/michi/seibu/kuhonbutu.html

 

cherryblossom都内桜情報「さくら花だより2018」(財)東京都公園協会ホームページ⇒https://www.tokyo-park.or.jp/special/cherry/

cherryblossom都内さくら名所情報「さくら開花マップ」東京都建設局ホームページ⇒http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jigyo/park/wg_sakura/

 

木造住宅の耐震性能検証法について

本日、東日本大震災から7年目を迎えました。
被災された方々とそのご家族の皆様に改めて心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。

また、各地域で復興を支え続ける方々に深く感謝申し上げます。

震災から7年が経過し、また平成28年4月には熊本地震が発生しました。

熊本地震では「昭和56年6月~平成12年5月以前」に建てられた木造住宅の約2割が倒壊・崩壊・大破の被害を受けました。

これを受けて、国土交通省は、対象となる住宅の耐震性を検証することを推奨する方針を発表しましたのでお知らせさせていただきます。

改めてご自宅の耐震性について検証していただき、皆様の安全安心の暮らしのため、防災対策にお役立ていただけたら幸いです。

ご不明点等ございましたら、お気軽に弊社までご連絡ください。宜しくお願い申し上げます。

 

◆耐震性能ご相談ください

事実① 熊本地震で「昭和56年6月~平成12年5月以前」に建てられた木造住宅の約2割が倒壊・崩壊・大破の被害を受けました

    出典「熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会」報告書 調査対象877棟中、倒壊・崩壊8.7%、大破9.7%

事実② 国土交通省は上記被害を受けて、対象となる住宅の耐震性を検証することを推奨する方針を発表しました

    「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法(新耐震木造住宅検証法)」というタイトルで5月16日(火)に公表されました。

対象住宅 1.昭和56年6月以降、平成12年5月までに着工された木造在来工法住宅

     2.平屋もしくは2階建て (対象以外の住宅の場合もまずはご相談ください)

当社は約20年にわたる160,000棟の耐震診断と50,000棟の耐震補強の実績がある、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協)に加盟しております。

木耐協で培った耐震診断・改修の知識と経験に基づき耐震の専門家として的確なアドバイスをさせていただきます。

 

木造住宅の耐震チェックリーフレット1.png木造住宅の耐震チェックリーフレット2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木造住宅の耐震チェックリーフレット3.png木造住宅の耐震チェックリーフレット4.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木造住宅の耐震チェックリーフレット5.png木造住宅の耐震チェックリーフレット6.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木造住宅の耐震チェックリーフレット7.png木造住宅の耐震チェックリーフレット8.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省からの通達所①.png

2018年度木耐協全国大会 第20回記念大会に出席いたしました

1995年に発生した阪神・淡路大震災では住宅の倒壊等で多くの命が奪われました。

その惨劇を繰り返してはならないと、木耐協が発足したのが1998年7月。そして、建設省の認可を受けた1999年、初めての全国大会が行われました。
それから20年。「第20回記念大会」が開催されました。

 今回は、国や各団体の皆様が御臨席され「記念式典」を行うと共に、
組合設立のきっかけとなった阪神・淡路大震災から熊本地震までの地震を振り返り、さらに今後の木耐協と木耐協組合員の向かうべき道について考える大会となりました。

【開催概要】
開催日: 2018年1月18日(木)
時 間: 13:00~17:40
     受付開始:12:30
会 場:  TKPガーデンシティ品川 ボールルーム

【プログラム】

◆第20回記念大会 記念式典/功労者表彰式

◆「『伝わる』言葉と『伝える』言葉」

  東進ハイスクール 東進衛生予備校 現代文講師 林 修 氏

◆「木造住宅耐震化の23年~阪神・淡路大震災から熊本地震まで~」

  工学院大学 名誉教授 宮澤 健二 氏

◆「木耐協の20年/過去・現在・未来」

  日本木造住宅耐震補強事業者協同組合 理事長 小野 秀男 氏

ご来賓挨拶png.png林修写真png.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮澤教授写真png.png

 

 

本日、 阪神・淡路大震災から23年

本日、1月17日は

1995年1月17日

​​

阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)が発生した日

​からちょうど23年​です。この震災では、木造家屋の倒壊や大型家具の転倒によって、多くの方が犠牲になりました。

震災によって亡くなった人々とその​ご​遺族に対し、深く哀悼の意を表します。


この機会に改めて、木造家屋の耐震化と家具固定の重要性と、具体的な取り組み方についてまとめます。

 

​阪神・淡路大震災では6,000名以上もの方々が亡くなり、神戸をはじめとする多くの街が壊滅的な被害を受けました。地震後の調査で判明したことですが、死者のおよそ75%の方々は、地震発生後15分以内に亡くなっていたというのです。

その原因は、木造家屋の倒壊と、大型家具の転倒による、「窒息死」でした。
この事実はあまり大きく報道されることはなく、当時の大規模な火災や、自衛隊や救急隊の遅れが多数の死者を出した原因と勘違いしている方が、まだまだ多くいらっしゃいます。

しかし、実際は、地震発生直後に多くの命が奪われていたのです。​

 

・1981年5月以前に建てられた「旧耐震基準」の建物は、すぐに耐震診断を受けましょう。

・耐震補強工事は必要な箇所に必要な補強を施す工事がメインです。なぜこの工事をするのか、説明をきちんと受けて、納得したうえで工事に入りましょう。

 

・まずは、寝室とキッチンにある大型家具(洋服ダンスや冷蔵庫、食器棚など、背が高く重量が重い家具)を固定しましょう。または、寝室以外に大型家具を置くことも検討しましょう。就寝時、大型家具が転倒して人を直撃することで命にかかわる事態になります。寝室にはなるべく大型家具を置かないことがベストです。どうしても置く場合は、倒れても人を直撃しない位置、出入口を塞がない位置に配置しましょう。


・冷蔵庫はキッチンの中で最も危険な大型家具です。倒れるとキッチンから脱出できない位置にある場合は、必ず固定しましょう。また、冷蔵庫は大切な「食料庫」でもあります。地震の後も、家屋と冷蔵庫が無事ならば、その後3日~1週間程度は冷蔵庫の食糧などでしのげるとも言われています。固定方法は、専用の転倒防止ベルトで壁にビス止めするか、大型の粘着系固定器具で冷蔵庫の頂部と壁を止めつけましょう。

 

当社でも日々、防災の観点から耐震工事に尽力しております。

耐震工事、家具転倒防止工事で防げる命もございます。

 

 

気になる事がございましたら、この機会にお気軽にご相談下さい。

 

 

 

防災体験・耐震改修バスツアー~首都直下地震への備え~

2018冬耐震キャンペーン 東京都主催「防災体験・耐改修バスツアー」~首都直下地震への備え~

が開催されます。定員20名、参加無料です。

◆Aコース 2月2日(金)11:45~17:50(予定)東京駅集合後、バスで見学先に移動します

     東京駅~清水建設技術研究所(防災体験)~白金台光和ビル(改修事例見学)~東京駅

◆Bコース 2月3日(土)11:45~17:50(予定)上野駅集合後、バスで見学先に移動します

     上野駅~本所防災館(防災体験)~恒陽馬込マンション(改修事例見学)~上野駅

◆Cコース 2月9日(金)11:45~17:50(予定)立川駅集合後、バスで見学先に移動します

     立川駅~立川防災館(防災体験)~ヴェルドミール多摩桜ヶ丘(改修事例見学)~立川駅

※全コースの耐震改修事例の見学先で、各建物所有者、耐震改修工事の携わった施工業者による耐震改修の説明会を行います。

また、耐震改修の補助金制度について、地元自治体が皆様のご質問にご対応します。

◆このイベントに関する申込先・お問合せ先

▷2018冬耐震キャンペーン事務局 TEL:045-661-1415 FAX:045-661-0604 (受付時間9:00~20:00)Emai : taishin2018@y-offside.co.jp

耐震バスツアー.png耐震バスツアー裏面.png

 

2018冬耐震キャンペーン~首都直下地震への備え~

2018冬耐震キャンペーン~首都直下地震への備え~

◆キャンペーン期間 1月15日(月)~2月9日(金)

※各イベントの詳細日時・開催場所等は、添付のパンフレット または、東京都耐震ポータルサイトをご覧ください

東京都のイベントフォーラム・セミナー等

東京都主催 耐震フォーラム

【基調講演】首都直下地震による東京の被害想定から考える首都の備え

 講師:平田 直 氏(東京大学地震研究所教授、東京大学地震研究所地震予知研究センター長、一般社団法人防災教育普及協会・会長)

【講演】沿道建築物の耐震化による大地震発生時の減災効果~災害時活動と避難行動に関するシミュレーション分析~

 講師:大佛 俊泰 氏(東京工業大学 環境・社会理工学院 建築学系(教授))

【講演】阪神大震災 一に命二に命

 講師:田村 勝太郎 氏(語り部KOBE1995代表)

東京都主催 耐震化個別相談会

専門家による木造建築物や特定沿道建築物の耐震診断等の耐震化に関する耐震化個別相談会を行います。

東京都主催 震災写真・都の取組等のパネル展示

東日本大震災や熊本地震などの震災写真のほか、緊急輸送道路沿道建築物の耐震化推進に関する取組や

東京都耐震マーク表示制度、耐震化工事中掲示物などについてパネル展示を行なう。

建物の耐震改修工法等の展示会

ビル・マンション耐震改修工法及び安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法・装置の展示及び個別相談。

起震車で地震体験も実施する。

東京都主催 防災体験・耐震改修バスツアー

◉Aコース⇒東京駅集合~清水建設技術研究所(江東区)~白金台光和ビル(港区)~解散(東京駅)

◉Bコース⇒上野駅集合~本所防災館(墨田区)~恒陽馬込マンション(大田区)~解散(上野駅)

◉Cコース⇒立川駅集合~立川防災館(立川市)~ヴェルドミール多摩桜ヶ丘(多摩市)~解散(立川駅)

マンション耐震セミナー 東京都、中央区、品川区、NPO法人耐震総合安全機構(JASO)

①現場見学会

②講演1:「マンション耐震化のススメ!」

 講演2:「マンションの耐震改修等に関する融資制度について」

 講演3:「くっつけちゃう耐震」

③個別相談会

 

◆キャンペーンに関するお問い合わせ

▷2018冬耐震キャンペーン事務局 TEL:045-661-1415 FAX:045-661-0604 Emai : taishin2018@y-offside.co.jp

(受付時間 9:00~20:00/土日祝日も受け付けています)

ホームページで詳細がご覧になれます

▷東京都耐震ポータルサイト   http://www.taishin.metro.tokyo.jp/

耐震キャンペーン表紙.png耐震キャンペーン.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耐震キャンペーン裏.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宙花さんのお正月飾りを飾りました☆彡

採用写真.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世田谷区中町駒沢通り沿いのお花屋さん「宙花sorahana」さんで作っていただいた

お正月飾りを飾りましたtulip 凝ったデザインでとっても素敵ですlovely

お近くにいらした際は是非!

宙花さん、ありがとうございました☆彡

https://sora-hana.shopinfo.jp/posts/2458377#!

 

年末年始休業のお知らせ

お取引様各位


                                                 株式会社 宮地建築設計


                         年末年始休業のお知らせ


 拝啓  時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。


 さて、年末年始の休業日につきまして、下記のとおりお知らせいたします。

 お取引様には大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんが、なにとぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

 今後とも弊社をご愛顧いただきますようお願いいたしまして、年末のご挨拶かたがた休業のお知らせまで申し上げます。


                                                                                                                                                                  敬具

                 
                              記

・年末年始休業日

 平成29年12月29日(金)~平成30年1月4日(木)

  1月5日(金)より、通常営業を開始いたします。

 ※休暇中のお問合わせにつきましては、1月5日(金)以降にご連絡させて頂きます。

                                                                                 以上

 

国土交通省「新耐震木造住宅検証法」を公表

5月16日、国土交通省は、2000年(平成12年)以前に建てられた木造住宅を中心に、耐震性を検証するための「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法」を公表しました。

この検証法は、2016年の熊本地震において、昭和56年5月以前の旧耐震基準(「震度5程度に耐えられる」)により建てられた木造住宅に大きな被害があったと共に、新耐震基準(「震度6強以上に耐えられる」)導入後の昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた木造住宅にも一定の被害があったことから、日本建築防災協会(一財)が国土交通省から依頼を受けて、策定したものです。

これは昭和56年6月から平成12年5月の期間に建築された木造住宅を対象とし、従来の「建物所有者」→「耐震診断専門家」へ依頼する前段階として、建物所有者やリフォーム業者などがチェックリストを元に耐震性能を確認するという手順を踏むことで、専門家の検証が必要となる(耐震性に不安の残る)住宅を抽出し、第二段階として、専門家による(現場調査無しの)検証(一般診断法)が行われ、結果によって初めて現場調査に入る、という流れになるものです。

所有者等のチェックを経て、二段階目の専門家への図面や調査結果の情報提供が行われることで、作業の効率化や、比較的安価に耐震性能の評価が行われることが期待されます。

*対象建築物や、チェックリスト表など、詳細はこちらから。所有者向けリーフレットダウンロードできます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

一財)建築防災協会ホームページ

 

 

 

 

世田谷区のエコリフォーム補助金、29年度も継続です。

<対象工事>

〇外壁・窓・屋根の断熱改修

〇ソーラーシステム、太陽熱温水器の設置

〇節水トイレの設置

〇高断熱浴槽

その他分譲マンションの共用部分改修(LED照明器具・手すり設置)など。

 

<予定額>

リノベーション+耐震改修工事で工事経費の最大20%(上限40万円。リフォームのみは経費の10%で上限20万円。)

 

<手続きの流れ>

相談・見積り→申請書提出→決定→契約→契約書の写しの提出→工事→工事完了→完了検査→交付額決定→請求書提出→補助金の支払い

 

<申請できる人>

下記のいずれの住居も区内にあることが条件です。

〇自分が所有する住宅(分譲マンションの区分所有を含む)に居住している世田谷区民。

〇賃貸住宅を所有している世田谷区民

〇分譲マンション管理組合

 

その他申請条件(世田谷区に住民登録があるかどうか、また建築基準法に適合している建物か否か、など)、必要書類等、詳しくは区のHPをご覧下さい。

 

<問い合わせ先>

〒154-8504  世田谷区世田谷4-21-27

世田谷区都市整備政策部 住宅課 計画・庶務 区役所第3庁舎プレハブ1階

電話 03-5432-2499

FAX 03-5432-3040

空き家の利活用促進に関するガイドライン(試案)が公表されました。

「空き家所有者の外部提供に関するガイドライン(試案)」 の策定・公表について

 

近年問題となっている空き家の利用促進に関わるガイドライン(試案)が、公表されました。

長期不在、取り壊し予定等の空き家の総数は、20年前と比べると2倍以上となっており、管理水準の低下によって引き起こされる環境への影響は、倒壊・火災等の防災性の低下、ごみの不法投棄、衛生の悪化、悪臭、景観悪化など、様々な問題が出てきています。

相談窓口を設置したり、サポート事業で所有者等を支援したりする地方公共団体もあるようです。官民一体となった取組で、私たちの暮らす身近な環境がもっと良くなっていくと良いです。

 

~市町村と民間事業者の連携による空き家の利活用促進~

http://www.mlit.go.jp/report/press/house02_hh_000117.html

国土交通省 平成29年3月29日

(以下引用です)

国土交通省は、市町村が空き家所有者情報を民間事業者等の外部に提供するに当たっての法制的な整理、所有者の同意を得て外部に提供していく際の運用の方法及びその留意点等を内容とする、「空き家所有者情報の外部提供に関するガイドライン(試案)」を策定しましたので、公表致します。

 これにより、市町村と民間事業者等の連携による空き家の流通、利活用の促進が期待されます。

 空き家対策については、除却のみならず、流通を中心とした利活用の促進が必要であり、そのためには、宅地建物取引業者等の民間事業者等のとの連携が重要です。

 空き家の中には相続登記等がなされていないものもあり、所有者情報の把握に課題があったことから、「空き家等対策の推進に関する特別措置法」(平成26年法律第127号)により、市町村の税務部局が保有する課税情報を空き家対策のために市町村内部で利用することが可能となりました。

 しかし、課税情報を含む空き家所有者情報は、そのままでは、民間事業者等の外部に提供できず、また、個人情報保護条例とうに抵触するのではないか等の懸念から、空き家所有者情報の民間事業者等への提供は進んでいませんでした。

 このため、市町村の空き家部局が収集・保有する空き家所有者情報を外部に提供するに当たっての法制的な整理、所有者の同意を得て外部に提供していく際の運用の方法及びその留意点、市町村における先進的な取組を内容とする、「空き家所有者情報の外部提供に関するガイドライン(試案)」をとりまとめました。

 

本ガイドライン(試案)を活用していただくことで、市町村と民間事業者等の連携による空き家の流通、利活用の促進が期待されます。

 なお、本ガイドライン(試案)については、今後の各市町村の取組等を踏まえ、更なる内容の充実を図る予定です。

【公表URL】

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000035.html

暮らしの通信 2017年春号

暮らしの通信 2017Spring

 

桜の花が咲き始め、春本番となってまいりました!

活動的なこの季節、家の顔ともいえる玄関を明るくイメージアップしてみましょう。

今回 「暮らしの通信」 春号では、玄関の風通しをよくして、すっきり暮らすアイディアをご紹介します。

季節や暮らしに合わせて、アレンジを楽しんでみませんか。

 

2017春_オモテ03.jpg2017_spring_102.jpg

 

 

リクシルPATTOリフォームのご案内

今の住まいをいかに魅力的にしていくかという、リノベーションやリフォームには、

大きな可能性があります。特に大掛かりでなものではないリフォーム、

まさに

リクシルPATTOリフォーム

は、小さな負担で、家族を明るく、そして楽しくします。

 

値段がわからなかったり、時間がどのくらいかかるかわからなくて踏み込めなかったリフォーム工事。

リクシルが、ずっと身近に簡単にしました。これまでガマンしていた住まいの不満も、

最短1時間の工事でスッキリさようなら。これが リクシルPATTOリフォームです。

 

日本を”パッと明るく!”をコンセプトに

リクシルPATTOリフォーム大作戦2016年10月からスタートしています。

ご不明な点は、お気軽に当社までご相談ください。

 

 

 

空き家になっている住宅やアパートをお持ちではないですか?

「特定空家等」に該当すると土地の税額が高くなる可能性があります!
平成25年の統計調査によりますと、世田谷区内の空き家数は約5万3千戸で、

23区内でも大田区の6, 2万戸に続き、第2位で大変多くの戸数になっています。
(【参照】平成2 5年住宅·土地統計調査/総務省)
空き家のまま建物や敷地を何年も放置しますと老朽化が進み、庭木が生い茂ったり
ゴミを投げ入れられたりして、倒壊の危険や街の景観が損なわれるなど、地域の生活
環境に悪影響を及ぽす恐れがあります。 もしこのような状態になってしまいますと、
「特定空家等」に指定され、この敷地は固定資産税等の特例の適用対象から除外され
ます。そうすると小規模住宅用地(1戸につき200 ㎡までの部分)については、固定
資産税は6倍、都市計画税は3倍になってしまいます。

 

※「特定空家等」とは、どのようなものか?
①そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
②そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態
③適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態
④その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態
にある空家等をいいます。(空家等対策の推進に関する特別措置法第2条第2項)

 

でも大丈夫です。今お持ちの建物が「特定空家等」にならないためには、日ごろの

管理を十分にして、賃貸に出したり、あるいは売却したりすれば良いのです。

また、地域貢献に活用するという方法もあります。

 世田谷区では、区内の空家等(空家・空き室・空き部屋)を地域の資源と考え、地域

コミュニティの活性化・再生につながる公益的な活用を進めていくため、オーナー向けの

相談窓口を開設しています。空家をお持ちで、地域の為に役立てたいとお考えのオーナー

のみなさん、ぜひこの相談窓口をご活用下さい!

当社の所属する、(一社)東京都事務所協会 世田谷支部は、建築の専門家集団として、

空き家等の地域貢献活用を 強力にサポートしていきます。

【空き家等地域貢献活用相談窓口】
(一財)世田谷トラストまちづくり  トラストまちづくり課
世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール7階
電話03-6407-3313 (受付時間平日9:00~17:00)
(一般社団法人 東京都建築士事務所協会 世田谷支部)

 

 

 

 

 

 

 

 

【地震発生】茨城県北部 マグニチュード6.3 深さ10㎞

2016年(平成28年)12月28日21時38分頃、茨城県北部を震源とする、

マグニチュード6.3、最大震度6弱を記録する地震が発生しました。

20161228茨城地震.jpg

約1週間程度は、余震にご注意ください。

 

情報発表時刻 2016年12月28日 21時55分
発生時刻 2016年12月28日 21時38分ごろ
震源地 茨城県北部
緯度 北緯36.7度
経度 東経140.6度
深さ 10km
マグニチュード 6.3
情報 この地震による津波の心配はありません。この地震について、緊急地震速報を発表しています。
震度6弱
茨城県 高萩市  
震度5強
茨城県 日立市  
震度5弱
茨城県 常陸太田市  
震度4
宮城県 岩沼市  大河原町  丸森町  
福島県 郡山市  いわき市  白河市  須賀川市  国見町  鏡石町  泉崎村  棚倉町  矢祭町  玉川村  浅川町  古殿町  浪江町  
茨城県 水戸市  土浦市  石岡市  下妻市  常総市  北茨城市  笠間市  取手市  つくば市  ひたちなか市  常陸大宮市  那珂市  筑西市  坂東市  かすみがうら市  桜川市  つくばみらい市  小美玉市  城里町  東海村  大子町  五霞町  境町  
栃木県 鹿沼市  大田原市  那須烏山市  市貝町  芳賀町  高根沢町  那須町  栃木那珂川町  
埼玉県 さいたま大宮区  さいたま中央区  加須市  春日部市  久喜市  幸手市  宮代町  
千葉県 野田市  
震度3
宮城県 仙台青葉区  仙台宮城野区  仙台若林区  仙台太白区  石巻市  塩竈市  白石市  名取市  角田市  登米市  東松島市  大崎市  蔵王町  村田町  宮城川崎町  亘理町  山元町  松島町  利府町  大衡村  色麻町  宮城加美町  涌谷町  宮城美里町  
山形県 上山市  村山市  南陽市  山辺町  中山町  西川町  高畠町  白鷹町  
福島県 福島市  会津若松市  喜多方市  相馬市  二本松市  田村市  南相馬市  福島伊達市  本宮市  桑折町  川俣町  大玉村  天栄村  北塩原村  西会津町  磐梯町  猪苗代町  会津坂下町  湯川村  会津美里町  西郷村  中島村  矢吹町  塙町  鮫川村  石川町  平田村  三春町  小野町  福島広野町  楢葉町  富岡町  川内村  大熊町  双葉町  葛尾村  新地町  飯舘村 
茨城県 茨城古河市  結城市  龍ケ崎市  牛久市  茨城鹿嶋市  潮来市  守谷市  稲敷市  神栖市  行方市  鉾田市  茨城町  大洗町  美浦村  阿見町  河内町  八千代町  利根町  
栃木県 宇都宮市  足利市  栃木市  佐野市  日光市  小山市  真岡市  矢板市  那須塩原市  栃木さくら市  下野市  上三川町  益子町  茂木町  野木町  塩谷町  
群馬県 前橋市  高崎市  桐生市  伊勢崎市  太田市  沼田市  館林市  渋川市  安中市  吉岡町  玉村町  板倉町  群馬明和町  千代田町  大泉町  邑楽町  
埼玉県 さいたま西区  さいたま北区  さいたま見沼区  さいたま桜区  さいたま浦和区  さいたま南区  さいたま緑区  さいたま岩槻区  熊谷市  川口市  行田市  本庄市  狭山市  鴻巣市  深谷市  上尾市  草加市  越谷市  戸田市  志木市  桶川市  八潮市  富士見市  三郷市  蓮田市  吉川市  白岡市  伊奈町  川島町  埼玉美里町  上里町  杉戸町  松伏町  
千葉県 千葉中央区  千葉花見川区  千葉稲毛区  千葉若葉区  千葉美浜区  市川市  船橋市  松戸市  成田市  千葉佐倉市  東金市  旭市  習志野市  柏市  流山市  八千代市  我孫子市  鎌ケ谷市  浦安市  四街道市  八街市  印西市  白井市  富里市  香取市  山武市  栄町  神崎町  多古町  東庄町  芝山町  横芝光町  
東京都 東京千代田区  東京中央区  東京港区  東京文京区  東京江東区  東京大田区  東京渋谷区  東京中野区  東京杉並区  東京北区  東京荒川区  東京板橋区  東京足立区  東京江戸川区  調布市  
神奈川県 横浜神奈川区  横浜西区  横浜中区  横浜保土ケ谷区  横浜戸塚区  横浜緑区  川崎川崎区  
新潟県 長岡市  加茂市  見附市  五泉市  南魚沼市  刈羽村  
震度2
青森県 階上町  
岩手県 盛岡市  花巻市  北上市  久慈市  一関市  奥州市  矢巾町  金ケ崎町  平泉町  普代村  野田村  
宮城県 仙台泉区  気仙沼市  多賀城市  栗原市  富谷市  七ヶ宿町  柴田町  七ヶ浜町  大和町  大郷町  女川町  南三陸町  
秋田県 秋田市  横手市  由利本荘市  大仙市  にかほ市  井川町  羽後町  
山形県 山形市  米沢市  鶴岡市  酒田市  新庄市  寒河江市  長井市  天童市  東根市  尾花沢市  河北町  山形朝日町  大江町  大石田町  最上町  舟形町  真室川町  大蔵村  鮭川村  山形川西町  山形小国町  飯豊町  三川町  庄内町  遊佐町  
福島県 下郷町  檜枝岐村  只見町  南会津町  柳津町  
栃木県 壬生町  
群馬県 藤岡市  富岡市  みどり市  榛東村  神流町  甘楽町  中之条町  長野原町  嬬恋村  草津町  群馬高山村  東吾妻町  片品村  川場村  群馬昭和村  みなかみ町  
埼玉県 川越市  秩父市  所沢市  飯能市  東松山市  羽生市  蕨市  入間市  朝霞市  和光市  新座市  北本市  坂戸市  鶴ヶ島市  日高市  ふじみ野市  埼玉三芳町  毛呂山町  越生町  滑川町  嵐山町  吉見町  鳩山町  ときがわ町  横瀬町  長瀞町  小鹿野町  埼玉神川町  寄居町  
千葉県 千葉緑区  銚子市  館山市  木更津市  茂原市  市原市  鴨川市  君津市  富津市  袖ケ浦市  南房総市  匝瑳市  いすみ市  大網白里市  酒々井町  九十九里町  一宮町  睦沢町  長生村  白子町  長柄町  長南町  大多喜町  鋸南町  
東京都 東京新宿区  東京台東区  東京墨田区  東京品川区  東京目黒区  東京世田谷区  東京豊島区  東京練馬区  東京葛飾区  八王子市  立川市  武蔵野市  三鷹市  青梅市  東京府中市  町田市  小金井市  小平市  日野市  東村山市  国分寺市  狛江市  東大和市  清瀬市  東久留米市  武蔵村山市  多摩市  稲城市  西東京市  瑞穂町  
神奈川県 横浜鶴見区  横浜南区  横浜磯子区  横浜金沢区  横浜港北区  横浜港南区  横浜旭区  横浜瀬谷区  横浜栄区  横浜泉区  横浜青葉区  横浜都筑区  川崎幸区  川崎中原区  川崎高津区  川崎多摩区  川崎宮前区  川崎麻生区  相模原緑区  相模原中央区  相模原南区  平塚市  藤沢市  小田原市  茅ヶ崎市  秦野市  厚木市  大和市  海老名市  座間市  南足柄市  綾瀬市  寒川町  二宮町  中井町  神奈川大井町  松田町  湯河原町  愛川町  清川村  
新潟県 新潟北区  新潟東区  新潟中央区  新潟江南区  新潟秋葉区  新潟南区  新潟西区  新潟西蒲区  三条市  柏崎市  新発田市  小千谷市  十日町市  村上市  燕市  上越市  阿賀野市  佐渡市  魚沼市  胎内市  弥彦村  田上町  阿賀町  津南町  関川村  
山梨県 甲府市  南アルプス市  山梨北杜市  笛吹市  甲州市  中央市  市川三郷町  忍野村  山中湖村  富士河口湖町  
長野県 諏訪市  小諸市  佐久市  長野南牧村  軽井沢町  御代田町  
静岡県 富士市  御殿場市  
震度1
青森県 青森市  八戸市  十和田市  三沢市  つがる市  平川市  鶴田町  七戸町  六戸町  東北町  おいらせ町  五戸町  田子町  青森南部町  
岩手県 宮古市  大船渡市  遠野市  陸前高田市  釜石市  八幡平市  雫石町  紫波町  住田町  山田町  
秋田県 大館市  湯沢市  潟上市  仙北市  三種町  八郎潟町  秋田美郷町  
山形県 山形金山町  戸沢村  
福島県 三島町  福島金山町  福島昭和村  
群馬県 群馬上野村  下仁田町  群馬南牧村  
埼玉県 小川町  皆野町  東秩父村  
千葉県 勝浦市  
東京都 昭島市  国立市  福生市  羽村市  あきる野市  日の出町  檜原村  
神奈川県 横須賀市  鎌倉市  逗子市  三浦市  伊勢原市  山北町  
新潟県 糸魚川市  聖籠町  出雲崎町  湯沢町  
石川県 輪島市  珠洲市  能登町  
山梨県 富士吉田市  山梨市  大月市  甲斐市  上野原市  身延町  昭和町  西桂町  小菅村  丹波山村  
長野県 長野市  松本市  上田市  飯田市  須坂市  中野市  大町市  飯山市  茅野市  千曲市  東御市  小海町  長野川上村  佐久穂町  立科町  富士見町  原村  飯島町  長野高森町  南木曽町  麻績村  生坂村  筑北村  坂城町  木島平村  信濃町  小川村  飯綱町  栄村  
静岡県 静岡清水区  沼津市  熱海市  三島市  富士宮市  伊東市  磐田市  伊豆市  菊川市  伊豆の国市  東伊豆町  松崎町  西伊豆町  静岡清水町  小山町  
愛知県 名古屋港区  名古屋南区  愛西市  東郷町  飛島村  

 

住宅ストック循環支援事業(エコリフォーム)について

今月より事業登録の始まった「住宅ストック循環支援事業」ですが、

当社にお問合せが多い「エコリフォーム」の要件について、記載いたします。

 

住宅ストック循環支援事業 エコリフォームは、新耐震基準に適合している必要があります。

 

住宅ストック循環支援事業 エコリフォームの要件には、

次の要件をすべて満たすリフォーム工事が対象。
①自ら居住する住宅について、施工者に工事発注して、エコリフォームを実施すること
②エコリフォーム後の住宅が耐震性を有すること
『耐震性を有する』とは、新耐震基準に適合、または耐震改修促進法に基づく「地震に対する安全上耐震関係規定に準ずるものとして国土交通大臣が定める基準」に適合しているものを表す。

と、あります。

これは、旧耐震基準の住宅であっても、エコリフォーム後に新耐震基準を満たしていれば良いということです。

 

住宅ストック循環支援事業には、あわせて実施できる「耐震改修」も対象とされています。

(耐震改修を行う場合は、限度額が45万円/戸となります。)

 

サッシ交換や内窓の設置、耐震改修をお考えの方は、あわせてご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

当社ではこの住宅ストック循環支援事業のみならず、助成金や補助金等のご相談も承っております。

ご不明な点は、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

木耐協フォーラム『いま、再びの地震考』

木耐協が毎年開催する「木耐協耐震フォーラム」が、来年1月に開催されます。

 

2017年(平成29年)は、テーマを『いま、再びの地震考』として、先般の熊本地震

の被害状況報告に加え、伝統的建造物の震災対策、さらに東京大学教授のロバート・ゲラー氏

から「地震は予知できない!」という地震学・地震予防研究の真実を聞くことが出来ます。

 

参加費無料で、一般の方も参加可能ですので、是非参加されてみてはいかがでしょうか?

 

日時:2017年(平成29年)1月19日(木) 13:30~17:40

会場:東京国際フォーラム ホールB7

参加費:無料

定員:500名 ※定員になり次第締め切りです。

 

プログラム
地震学の現状と限界~想定外を想定しよう
  ロバート・ゲラー(東京大学院理学系研究科 教授)
木造文化財建造物の耐震対策
  西岡 聡(文化庁文化財部参事官(建造物担当) 震災対策部門文化財調査官)
熊本地震被害最終報告~倒壊・非倒壊 その違いは何か~
  佐藤 実(株式会社M's(エムズ)構造設計 代表取締役)

 

お申し込みは、

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)

〒102-0083東京都千代田区麹町2-12-1 グランアクス麹町7階

TEL:03-6261-2040

URL:http://www.mokutaikyo.com/

新耐震基準でも接合部の確認を!

2016年(平成28年)4月に発生した熊本地震で倒壊した建物を、

国土技術政策総合研究所などが調査を行いました。

 

その結果、柱や筋交い、土台などを繋ぐ部分などの問題が浮かび上がりました。

倒壊した建物は、筋交を釘だけで固定していたり、柱と土台を金属板と釘だけで

簡単に繋いでいる状況でした。

柱と土台を釘で繋いだだけで倒壊した家屋.gif

平成28年12月8日 朝日新聞掲載記事より

 

阪神大震災を受け、2000年(平成12年)建築基準法に接合部の金物の太さや

長さが追加されました。基礎や土台と柱を太いボルトで繋ぐ「ホールダウン金物」

などで耐震性が高められました。

2000年に変わった接合部の基準.gif

平成28年12月8日 朝日新聞掲載記事より

 

倒壊した建物のうち、2000年(平成12年)以前の建物は接合部の強化基準を満た

しておらず、益城町中心の2000年以降の建物倒壊は約300棟中7棟にとどまりました。

そのうち4棟は、施工の不具合や地盤の緩み等の影響を受けたことが確認されましたが、

残り3棟は原因がはっきりしていません

 

近年、とても多くなっているリフォーム工事ですが、

柱や土台・筋交等の接合部を確認する良い機会です。

キッチン周辺の接合部だけ、浴室周辺の接合部だけといった部分的な確認だけでは

家全体の判断は出来ませんが、ある程度予測する材料にはなります。

 

2000年(平成12年)以前の建物は勿論のことですが、

2000年以降の建物であってもリフォーム工事の際、接合部の確認をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

暮らしの通信

暮らしの通信

暮らしの通信-2016-2017_winter_A-.jpg

暮らしの通信-2016-2017_winter_B.jpg

インドネシア地震 死者数が増加の一途、97人に

  • 【AFP=時事】インドネシア・スマトラ(Sumatra)島北端のアチェ(Aceh)州で7日に発生した強い地震で、これまでに97人が死亡したことが分かった。ただ、倒壊した多数の建物のがれきの中から、さらに多くの遺体が収容されているという。

     住民のほとんどがイスラム教徒であるスマトラ島のピディエ・ジャヤ(Pidie Jaya)地区では、多くの人々が朝の祈りの準備を進めていた夜明け頃にマグニチュード(M)6.5の地震に襲われた。

     救助隊が時には手作業で、倒壊した住宅、店舗、モスクを捜索する中、死者数は増加の一途をたどっている。

     当初、死者数は52人とされていたものの、救助活動を統括する軍が後に修正。アチェに配属されている軍高官のタタン・スレイマン(Tatang Sulaiman)氏はAFPの取材に対し、「これまでのところ97人が死亡した。死者数は増え続けている」と語った。

     また同氏は、シェルターや避難施設を設置するため、甚大な被害を受けたピディエ・ジャヤ地区に、1000人以上の兵士、および約900人の警官が配置されたと述べている

 

東京都が耐震化個別相談会を開催します!

東京都が耐震化個別相談会を開催します!

 

東京都「冬の耐震キャンペーン」として、

「耐震化個別相談会」を行います。

 

日時 : 2017年(平成29年)1月17日(火)10時30分~13時

会場 : 都庁都政ギャラリー (東京都議会議事堂1階)

定員 : 30組

申込 : 電話かファックスにて、キャンペーン事務局まで 0120-900-563

 

※詳細は、東京都耐震ポータルサイト

    (URL:http://www.taishin.metro.tokyo.jp/tokyo/campaign/report_2017_winter.html)

 または、広報 東京都12月号 に掲載されています。

 

当社では、耐震改修やリフォームに関する無料のご相談を、いつでも受け付けております。

お客様の日程に合わせることが可能ですので、必ず事前連絡をお願い致します。

フリーダイヤル 0120-240-839

メール info@myc-home.com

※建築時の間取り図面や、写真などをお持ちいただけると、よりわかりやすいです。

 

 

 

 

 

もうすぐキャンペーン終了です!お急ぎください!

LIXIL ユニットバス 「アライズ」 、 「リモア」のグレードアップキャンペーンが、まもなく終了します!

 

今年9月からのLIXILキャンペーン ユニットバス「アライズ」、「リモア」のグレードアップキャンペーン

まもなく終了します。

平成28年12月31日(土)までの納入期間が対象となりますので、ご検討中の方は急ぎください!

 

対象商品:ユニットバス「アライズ」、「リモア」

ご採用得点:無償グレードアップ 下記3つの中から1つお選びいただけます。

      ①あたたかパック

      ②フルデジタルサウンドパック

      ③浴室換気暖房乾燥機

LIXILキャンペーン アライズ・リモアグレードアップ01.jpg

LIXILキャンペーン アライズ・リモアグレードアップ02.jpg

 

【地震発生】福島県、茨城県、栃木県で震度5弱を観測。津波警報発表中

本日(2016年11月12日)、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生しました。

福島県、茨城県、栃木県で震度5弱を観測しております。

 

地震情報201611220559.jpg

 

また、8時9分気象庁発表では、津波警報発表中です。

沿岸地域の方は、ご注意ください。

 

当社近隣の震度:

【震度3】 東京都:世田谷区 大田区 杉並区 調布市 狛江市 

       神奈川県川崎市:川崎区 幸区 中原区 宮前区 

 

【震度2】 東京都:品川区 目黒区 

       神奈川県川崎市:高津区 多摩区

 

関東でも起こると言われている大地震。

いざという時のために、お住まいの安全確認はしておいた方がよいですね。

 

 

 

【地震発生】三重県、大阪府、奈良県、和歌山県で震度4、津波の心配なし

【地震発生】三重県、大阪府、奈良県、和歌山県で震度4、津波の心配なし

 

気象庁によると、19日11:48頃、和歌山県南部を震源とするM5.4の地震があり、

三重県尾鷲市、大阪府千早赤阪村、奈良県大和郡山市・五條市・高取町・広陵町・

下北山村、和歌山県海南市・有田市・かつらぎ町・湯浅町・広川町・由良町・印南町・

みなべ町・日高川町・有田川町・田辺市・新宮市・白浜町・上富田町

で震度4の揺れを観測しました。

この地震による津波の心配はありません。

■発生事象
・発生日時 :11月19日11:48頃
・震源地  :和歌山県南部(北緯33.8度、東経135.5度)
・震源の深さ:約60km
・地震の規模:M5.4(推定)

■震度3以上が観測された地域
・震度4:三重県南部、大阪府南部、奈良県、和歌山県北部、和歌山県南部
・震度3:愛知県東部、愛知県西部、滋賀県南部、京都府南部、大阪府北部、兵庫県淡路島、徳島県北部、徳島県南部、高知県中部


■震度3以上が観測された市町村
【震度4】
・三重県 :尾鷲市
・大阪府 :千早赤阪村
・奈良県 :大和郡山市、五條市、高取町、広陵町、下北山村
・和歌山県:海南市、有田市、かつらぎ町、湯浅町、広川町、由良町、印南町、みなべ町、日高川町、有田川町、田辺市、新宮市、白浜町、上富田町
【震度3】
・愛知県 :田原市、名古屋市南区、半田市、西尾市、美浜町
・三重県 :熊野市、紀宝町、紀北町
・滋賀県 :甲賀市
・京都府 :城陽市、八幡市、京田辺市、井手町、精華町、南山城村
・大阪府 :大阪市都島区、大阪市東淀川区、大阪市東成区、大阪市城東区、大阪市東住吉区、大阪市平野区、枚方市、八尾市、寝屋川市、大東市、柏原市、東大阪市、四條畷市、交野市、島本町、岸和田市、泉大津市、泉佐野市、富田林市、河内長野市、松原市
・大阪和泉市
・大阪府 :羽曳野市、泉南市、大阪狭山市、忠岡町、熊取町、岬町、太子町、河南町、堺市中区、堺市堺区、堺市美原区、堺市東区、堺市西区、堺市南区
・兵庫県 :洲本市、南あわじ市、淡路市
・奈良県 :奈良市、大和高田市、天理市、橿原市、桜井市、御所市、生駒市、香芝市、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、上牧町、王寺町、河合町、吉野町、大淀町、下市町、黒滝村、天川村、野迫川村、十津川村、川上村、東吉野村、葛城市
・和歌山県:和歌山市、橋本市、御坊市、高野町
・美浜町
・和歌山県:日高町、紀の川市、紀美野町、岩出市、すさみ町、串本町、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村
・徳島県 :徳島市、鳴門市、石井町、北島町、阿南市、那賀町、美波町
・高知県 :香南市

「耐震等級3のすすめ」セミナーが開催されます。

「耐震等級3のすすめ」セミナーが開催されます。

 

耐震等級とは・・・

現行の新耐震基準(建築基準法)を満たしているものを「耐震等級1」、

「耐震等級2」は、その1.25倍。「耐震等級3」は、耐震等級1の1.5倍の強度があることを意味します。

(※上記だけでなく、他にも細かい条件などがあります)

 

セミナーサイトは、こちら  →  https://www.homeskun.jp/seminar/seminar_info.php?id=20161215

大阪 2016年11月24日(木) 13:00~16:00 大阪産業創造館【6階】会議室E

東京 2016年11月30日(水) 13:00~16:00 KFC Hall&Rooms 国際ファッションセンター【11階】Room111

 

 

 

鳥取県中部地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

10月21日の鳥取県中部地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と一日も早い復興をお祈りいたします。

 

 

2016年「魔の水曜日」とは?

2016年「魔の水曜日」とは、

3.11を的中させたと言われている松原照子氏が「2016年のカレンダーの

赤い日の水曜日に大災害が起こる」と予言したことがネット上で噂になっています。

 

2016年で水曜日が祝日の日は、5月4日と11月23日のみ。

 

本当なのでしょうか?

 

実際に起きないことが一番ですが、念のために防災グッズの確認(食料品は、消費期限に注意)や

避難所の再確認をご家族と行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

当社取り扱いオススメ制震ダンパー

住友理工株式会社製「TRCダンパー」 (メーカーサイト:https://www.sumitomoriko.co.jp/trc-damper-wh/)

TRC.jpg

【製品特徴】

・特殊粘弾性ゴム採用制震ダンパー

・最大50%揺れを吸収

・橋梁用、鉄道用、自動車用の防振ゴムにも応用

・繰り返しの地震にも対応

・メンテナンスフリー

 

 

 

株式会社アイ・エム・エー製「GVA」ジーバ (メーカーサイト:http://www.gva-tomo.com/)

GVA.png

【製品特徴】

・スリーエムジャパン株式会社製アクリル樹脂「VEM」採用制震ダンパー

・最大70%軽減

・ダイヤモンド型筋交

・繰り返しの地震にも対応

 

 

 

 

千博産業株式会社製「evoltz」エヴォルツ (メーカーサイト:https://www.evoltz.com/)

evoltz.gif

【製品特徴】

・油圧式制震ダンパー

・40~50%軽減するよう配置

・自動車用ショックアブソーバーメーカーのビルシュタイン社が製造

・バイリニア特性を有した制振装置で特許取得

・小さな振動から、大きな揺れまで、瞬時に力を発揮

 

 

 

住友ゴム工業株式会社製「MIRAIE」ミライエ (メーカーサイト:http://miraie.srigroup.co.jp/)

MIRAIE.jpg

【製品特徴】

・高減衰ゴム式制震ダンパー

・最大70%低減

・繰り返しの地震にも対応

・メンテナンスフリー

 

 

 

 

 

 

株式会社トキワシステム製「αダンパーExⅡ」アルファダンパーExⅡ (メーカーサイト:http://www.tokiwa-system.com/)

αダンパーExⅡ.jpg

【製品特徴】

・油圧式制震ダンパー

・最大55%低減

・繰り返しの地震にも対応

・メンテナンスフリー

 

 

 

 

 

日本制震システム株式会社製「MER SYSTEM」 (メーカーサイト:http://www.seishin-system.com/)

MER system.jpg

 

 

【製品特徴】

・油圧式制震ダンパー(不燃オイル)

・約48%軽減

・繰り返しの地震にも対応

・多方向の揺れに対応(ベアリングユニット搭載)

・自動車競技用ショックアブソーバーの技術、製品開発のノウハウをフィードバック

 

 

 

 

株式会社マック製「Jダンパー」 (メーカーサイト:http://j-makk.jp/)

J.jpg

【製品特徴】

・油圧式制震ダンパー

・約40%(最大68%)軽減

・繰り返しの地震にも対応

・出荷する全ての製品の減衰力を検査

・国内製造

・メンテナンスフリー

 

 

 

 

 

 

熊本地震のお見舞いを申し上げます。

 

熊本地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と一日も早い復興をお祈りいたします。

 

 

宮地善矢

 

 

 

 

 

 

 

リクシル かんたん耐震リフォーム工法「アラテクト」設計・施工業者登録

当社は リクシル かんたん耐震リフォーム工法「アラテクト」設計・施工登録業者となりました。

既存内壁を解体することなく耐震補強が出来る画期的な商品がリクシルより発売が開始されました!

使用出来る建物仕様に色々と制限がございますが、ケースバイケースで今までの補強工事仕様と併用する事で性能が発揮出来る商品ではないでしょうか。

是非、ご興味のあるかたはご相談下さい。

 

下記リクシルHPより抜粋

現在、日本の既存住宅の中で、現行の耐震基準を満たしていない住宅は1,000万戸以上※2あるといわれており、“住む人の命と財産を守る”住宅の耐震改修が急務とされています。国土強靭化施策の基本方針でも、2020年までに耐震化率95%達成が政策目標とされるなど、国を挙げて進められています。

しかし一方で、一般的な耐震改修には、壁や天井の解体が必要となり、生活者にとっては負担が大きくなることから、住宅の耐震化はなかなか進んでいない現状があります。

そこで今回、より耐震改修を普及させるため、繊維シートを用いることで室内側から壁や天井を壊さない、全く新しい耐震リフォーム工法「アラテクト」を開発しました。

橋脚の補強や防弾服などにも使用される高強力繊維「アラミド繊維」を加工し、厚さ1mm以下のシート状にした「アラテクトシート」を、既存の室内壁の上から専用の座金・ビスで固定するだけの簡単施工で、構造用合板同等の耐力(5.3kN/m)を発揮します。壁だけでなく、床や天井も解体することなくリフォームができるため、短工期・低コストで住まいながらの耐震改修工事が可能となります。

なお、「アラテクト」は、一般財団法人日本建築防災協会より住宅等防災の「技術評価」を取得しており(評価番号:DPA-住技-64)、設計、施工者は、事前に技術講習を受講して頂く必要があります。LIXILでは、4月より全国13会場で技術講習を展開していき、講習修了社より順次発売を開始します。

LIXILは今後も、「アラテクト」による耐震リフォームの普及を推進し、“お客さまの資産価値を守り続ける”より高品質な住まいづくりをサポートしていきます。

■開発の背景

住宅の耐震改修が急務とされる中、現状は思うように進んでおらず、国の目標とする平成32年(2020年)に向け、今まで以上に耐震化を進めていく必要があります。

耐震化が進まない背景として、一般的な耐震改修では、壁や天井の解体が必要となり、生活者にとっては経済的にも生活的にも負担が大きくなってしまうという点があります。

そこで、これまでも高耐震高気密高断熱住宅「スーパーウォール工法」や、ひと部屋単位の断熱エコリフォーム「ココエコ」など、住宅の高性能化に取り組んできたLIXILは、もっと耐震改修を普及させたいという思いから、生活者の負担が少ない耐震リフォーム工法の開発を行いました。

 

■カンタン耐震リフォーム工法「アラテクト」特長

1.業界初、高強力繊維「アラミド繊維」を活用した耐震リフォーム工法

アラミド繊維は、引張強度が鉄の約7~8倍の高強力繊維です。建築土木分野では橋脚補強や、その他特殊クレーン用ケーブルなど、各分野で強度が必要となる部分への使用実績があります。「アラテクト」では、このアラミド繊維に樹脂を含浸させ、厚さ1mm以下の薄い板状にしたシート(アラテクトシート)を、壁の耐震補強材として使用しました。(一財)建築防災協会の「住宅等防災技術評価」を取得しており、木造軸組構法住宅の耐震改修工法として評価されています。

2.既存壁の上から張るだけの“既存壁を活かした耐震改修”を実現

施工は、既存壁を壊さず、壁の上からアラテクトシートを専用の座金とビスで固定するだけの簡単施工。床や天井や壁を壊すことなく、構造用合板同等の耐力(5.3kN/m)を発揮します。

また、大がかりな工事が不要のため、一般的な耐震改修工法と比べ、住みながら、短工期・低コストで耐震改修工事を行うことができます。

 

<施工の流れ>

①既存壁の上にアラテクトシートを床から天井まで張ります。
②専用の座金・ビスで柱と間柱に固定します。
③最後にせっこうボード・クロスなどで仕上げます。

G.W休業のお知らせ  5月2日(土)~5月7日(水)

平素は格段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、GW休業を下記日程とさせて頂きます。

期間中は大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいますようお願い致します。

【GW休業期間】
5月2日(土)~ 5月6日(水)
※5月7日(木)より通常営業とさせて頂きます。

 

冬季休業のお知らせ 12月30日(火)~1月4日(日)

平素は格段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、冬季休業を下記日程とさせて頂きます。

期間中は大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいますようお願い致します。

【冬季休業期間】
12月30日(火)~ 1月4日(日)
※1月5日(月)より通常営業とさせて頂きます。

※お陰様で耐震補強工事、一般リフォーム工事の依頼が急増しております。

 工事ご依頼の方は御早めのご相談をお願い致します。

 

夏季休業のお知らせ 8月14日(木)~8月17日(日)

平素は格段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、夏季休業を下記日程とさせて頂きます。

期間中は大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいますようお願い致します。

【夏季休業期間】
8月14日(木)~ 8月17日(日)
※8月18日(月)より通常営業とさせて頂きます。

 

【東京都耐震マーク表示制度】について

耐震性のある建築物であることを示すステッカー「東京都耐震マーク」の交付対象が、平成25年11月22日から都内すべての建物に拡大されました。

ステッカーは「新耐震適合」、「耐震診断済」、「耐震改修済」などに区分されております。

 

■東京都耐震マークの交付について■


 耐震診断や耐震改修を行い、耐震性が確認された建築物は、「東京都耐震マーク」の交付を受けることができます。

 詳しくは、東京都耐震ポータルサイトをご参照ください。


その他ご相談、ご質問がありましたらお気軽に当社までお問い合わせ下さい。



 


 

【既存住宅現況検査技術者】について

当社では、【既存住宅現況検査技術者】の資格を取得しております。
 
この制度資格は、平成25年6月に国土交通省が策定した「既存住宅インスペクション・ガイドライン」の内容に準拠した検査を行う技術者を認定、登録するものとなっております。

中古住宅の売買時などに、その建物の現況を把握し補修等の必要性の有無を調査する(インスペクションといわれています)技術者の資格です。

中古住宅を売る前や買う前に、その建物の状態を把握する事は後々のトラブルを避ける為にも重要です。

中古住宅の売買をご検討中の方は、当社までお気軽にご相談下さい。
 
 
 
 

平成26年度税制改正により【耐震基準適合証明書】による減税措置が拡充されました。

平成26年度税制改正により、個人が宅地建物取引業者により一定の質の向上を図るための特定の増改築等が行われた中古住宅を取得した場合に、所有権移転登 記に係る登録免許税の税率を一般住宅特例より軽減する特例措置が創設されました。

他、築20年以上の中古住宅取得時でも、一定の耐震基準を満たすことを示す「耐震基準適合証明書」の発行を受ければ、住宅ローン減税などの各種制度を受けることができるようになります。

詳しくは→こちら

 

当社では、■耐震基準適合証明書発行業務

       ■証明書発行に際しての耐震診断、耐震補強工事

も行っております。

 

耐震基準適合証明書等に関するご質問やご相談などがございましたら当社にお気軽にお問い合わせ下さい。
 

 

 


 

平成26年度世田谷区耐震改修助成金最大130万円となります。

世田谷区では、木造住宅・共同住宅の耐震改修(耐震リフォーム)工事について昨年度に続きに(平成26年度末までに耐震改修工事が完了する工事に限る)従来の助成金上限額100万円に30万円上乗せした130万円を限度に助成をしております。

補助金制度等に関するご質問やご相談などがございましたら当社にお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

雑誌【世田谷ライフ No.49】5月26日号で紹介されます!

当社が雑誌【世田谷ライフ No.49】5月26日号で紹介されます!

世田谷ライフは、世田谷周辺エリアのタウン・グルメ・ショップ・スポット・ライフスタイル・暮らし情報が満載のライフスタイル誌・タウン情報誌です。

 

 

ぜひ、ご覧下さい。

 

平成26年度より世田谷区「環境配慮型住宅リノベーション補助制度」補助金UPします。

世田谷区「環境配慮型住宅リノベーション補助制度」 が平成26年度より補助金UPとなりますのでご紹介いたします。

世田谷区内で、住宅等の外壁や窓等の断熱改修工事、自然エネルギー利用設備(太陽熱を活用する給湯システム)、

省エネ機器類の設置等、環境に配慮した住宅改修を推進するため、区民がこの環境配慮型の住宅改修等を行うとき、

 その経費の一部を補助する制度です。(制度期間平成25年度、平成26年度)

補助金の額として

区の耐震改修工事助成を受ける耐震改修工事と合わせて改修等を実施する場合

平成26年度より

本件の工事経費の15%相当の額及び上限額を30万円とし、いずれか低い額から

本件の工事経費の20%相当の額及び上限額を40万円とし、いずれか低い額へと変更となります。

 

■区の耐震改修工事の助成が無い場合 

平成25年度と変更はありません。

改修等の工事費の10%相当の額および上限額を20万円とし、いずれか低い額

この制度の特徴として 改修は、世田谷区に本店のある施工者により実施し、工事契約を締結する事ということです。

 

当社でも施工対応しておりますので質問やご相談などがございましたら当社にお気軽にお問い合わせ下さい。

施工事例追加UPしました。【世田谷区耐震改修助成金物件】

本日、施工事例追加UPしました。

世田谷区では平成25年度中に耐震改修工事を完了する建物を対象に住宅の耐震化を促進するために、従来の助成に加え、1棟あたり30万円を上乗せしておりその対象工事となります。

 

他物件も順次UP予定ですのでよろしくお願いいたします。

診断、補強設計、リフォームに関してのご相談、ご質問がありましたらお気軽に当社までお問い合わせ下さい。

新年のご挨拶

謹賀新年

平素より格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
本年もスタッフ一同、皆様に安心・満足頂けるご提供を
心がけてまいる所存でございます。
昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
新しい年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます。 

                               平成26年 元旦 

                         株式会社 宮地建築設計 
                          代表取締役 宮地善矢

 


 

【11月9日に放送日決定!土曜ワイド劇場 法医学教室の事件ファイル37】にて

毎週土曜日放映中のテレビ朝日系列「土曜ワイド劇場」

11月9日夜9時~夜11時21分放送予定の『法医学教室の事件ファイル37』において

当社の方で『建築構造に関する技術指導』をさせて頂いております。

 

放送内容は、こちら⇒法医学教室の事件ファイル37

 

出演:名取裕子、宅麻 伸、由紀さおり、宮本真紀、いしのようこ 他

 

最後にテロップで当社の名前が紹介されます。

 

【終了しました。】平成25年11月7日:無料耐震相談会(経堂出張所)のお知らせ

平成25年11月7日(木)経堂出張所 活動フロアーにて世田谷区役所・世田谷区建築設計事務所協会による「無料耐震相談会」が行われます。

予約等は必要ございません。

世田谷区内の住宅等であれば、世田谷地域以外の建物についても、ご相談をお受けしておりますので、お気軽にお越しください。

当日、世田谷区の無料耐震診断の申込みも会場にて行えますので、納税通知書・確認申請書・図面等の資料がございましたらご持参下さい。

住所:東京都世田谷区宮坂1-44-29
時間:PM1:00~PM4:00

*当日、当社宮地も相談員として出席予定です。

耐震診断事例UPしました。(東京都緊急輸送道路沿道建築物)

本日、マンション(RC造、SRC造)の耐震診断事例3件UPしました。

そのうち2件は、 「東京都における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例」(平成23年4月1日施行)に該当する建物になります。

該当物件は、耐震診断を実施することが義務化されております。

 

詳細はこちら↓をご覧下さい。

東京都のHP  

東京都耐震ポータルサイト

 

診断についてのご相談、ご質問がありましたらお気軽に当社までお問い合わせ下さい。

 

施工事例追加UPしました。

本日施工事例追加UPしました。

・助成金申請物件(世田谷区、江戸川区、川崎市)の紹介。

・助成金を受けるにあたり前面道路が4m未満の狭あい道路ということで拡幅工事をすることという条件があり拡幅工事を行った物件の紹介。

・耐震補強工事と兼ねてお風呂場の段差解消工事(介護保険住宅改修該当)を行った物件の紹介。

・耐震補強工事と共に大型リフォームをした工事の紹介。

になります。

 

他物件も順次UP予定ですのでよろしくお願いいたします。

診断、補強設計、リフォームに関してのご相談、ご質問がありましたらお気軽に当社までお問い合わせ下さい。

施工事例2件追加UPしました。

本日、施工事例2件追加UPしました。

2物件共に耐震補強工事と合わせて水廻り(トイレ・洗面脱衣室)のリフォーム工事も行っております。 

別の機会にまた工事するよりもあわせて工事することによりコストダウンや工期の短縮にもつながります。

 

他物件も順次UP予定ですのでよろしくお願いいたします。

 

診断、補強設計、リフォームに関してのご相談、ご質問がありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

施工事例1件追加UPしました。

本日、施工事例1件追加UPしました。

2年前に耐震改修されその後の揺れの低減を実感され
今回、更なる耐震改修を希望され工事となりました物件となります。

付属工事として内窓(インプラス)の設置工事もしました。

他物件も順次UP予定ですのでよろしくお願いいたします。

 

診断、補強設計、リフォームに関してのご相談、ご質問がありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

 

施工事例更新しました。

施工事例3物件新たにUPしました。

1物件目は、平屋の戸建て住宅の耐震補強工事になります。

お客様の要望により耐震工事と共に断熱材工事、棚板新設工事も行われました。
 

2物件目は、2×4(ツーバイフォー)の戸建て住宅の耐震補強工事になります。

付属工事として断熱材工事も行われました。

 

3物件目は、スキップフロア・ピロティー(駐車場)付きの戸建て住宅の耐震補強工事になります。

お客様の希望で外溝のタイル工事+手摺設置工事も行いました。

 

 

耐震補強工事と並行して断熱材工事や水廻り(トイレ・UB交換など)希望されるお客様も多いです。

別の機会にまた工事するよりも並行して工事する事によりコストダウンや工期の短縮にも繋がります。


他物件も順次UP予定です。

 

診断、補強設計、リフォームに関してのご相談、ご質問がありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

夏期休業のお知らせ  8月16日(金)~ 18日(日)

平素は格段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、夏季休業を下記日程とさせて頂きます。

期間中は大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいますようお願い致します。

【夏季休業期間】
8月16日(金)~ 8月18日(日)
※8月19日(月)より通常営業とさせて頂きます。

 
  

ホームページリニューアルオープンしました。

これからもよろしくお願い致します。

施工事例は順次UP予定ですので少々お待ち下さい。

メインページ | アーカイブ | リフォーム »

このページのトップへ