リフォーム/最新情報

HOME > 最新情報 > アーカイブ > リフォーム

リフォーム

リフォーム楽々通信11月号 vol.2*床暖房*防災瓦*

タイトル.png

 

 

 

 

 

4.穏やかな暖かさの床暖房

床暖房なら、足元から部屋全体をムラなく暖めることができます。

◉ぽかぽかでくつろげるお部屋へ やわらかい暖かさの床暖房

床暖房には、電気式と温水式があります。電気式は工事が簡単で初期費用をおさえることができます。ただし、

ランニングコストは高めなので部分的な暖房に適しています。

温水式は立ち上げてから短時間で温まるため、ランニングコストを抑えることができます。

 

5.地震に強く耐久性の高い防災瓦

瓦は、大きな地震や強風で落ちてしまうというイメージをもっていませんか?

防災瓦なら、瓦の良さを残しつつ、安全性と耐久性が大幅にアップします。

11月号防災瓦ー1.png

 

 

 

 

 

 

 

 

◉ロック構造で落下を防ぐ

危険と思われがちな瓦ですが、災害に強い防災瓦があります。防災瓦は瓦同士をがっちり組み合わせるロック構造により、

地震の揺れに強く、実験により阪神大震災と同レベルの揺れにも耐えることが実証されています。

地震のほか、雨や風にも強く、耐久性も高いのです。

11月号防災瓦ー2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

◉新たなデザインも登場

従来のような風格のある瓦だけでなく、直線的なデザインで、和風だけでなく、洋風の家にもマッチするような

デザイン性の高い防災瓦も登場しています。防災瓦をうまく利用すれば、安全な瓦屋根になりますね。

11月号防災瓦ー3.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフォーム楽々通信11月号

タイトル.png

 

 

 

 

 

***今月の注目記事***

1.暖かい住まいづくりは窓の断熱から

2.足元までたっぷり収納できるキッチン

3.浴室暖房で冬も安心、快適入浴

4.穏やかな暖かさの床暖房

5.地震に強く耐久性の高い防災瓦

6.フチなしトイレでさっとお掃除

7.家族みんなに優しいバリアフリー

8.アレルギー対策で安心して過ごせる我が家に

 

1.暖かい住まいづくりは窓の断熱から

暖房をつけても部屋が暖まらない・・・それは、窓の断熱性の低さがおもな原因。

窓を断熱リフォームすれば、暖房効果が大幅にアップします!

1-01.png

◉寒さの原因は窓

冬の寒さの6割、夏の暑さの7割は窓の開口部が原因なんです。

断熱性の高い窓にリフォームすれば、冷暖房が効きにくいという悩みも大きく改善されます。

◉高断熱な複層ガラス

一般的に使われている1枚だけのガラスは、暑さや寒さを通しやすいのが難点。

一方で、2枚のガラスの間に空気を閉じ込める構造の「複層ガラス」なら、断熱効果が二倍にアップします。

◉フレームは樹脂製に

一般住宅で最も普及しているアルミフレームを樹脂製にすると、窓の断熱性が格段に上がります。

 

◉窓を二重にする「内窓」

今ある窓の内側に新しい窓(内窓)を設置し、窓を二重にし、内窓を複層ガラス+樹脂製フレームにすれば、高い断熱効果が得られます。

◉手軽なカバー工法も

今ある窓枠はそのままに、上から新しい窓枠とガラスを取り付けるカバー工法という方法もあります。

 

2.足元までたっぷり収納できるキッチン

足元部分の少し奥まっている「けこみ部分」を収納スペースとして活用させることで、キッチンの収納力がアップします。

2-02.png

◉大きなデッドスペースのけこみ部分

従来のキッチンではけこみ部分はデッドスペースになっていましたが、今では、けこみ部分を収納スペースとして活用したキッチンが登場しています。

 

◉収納力の大幅アップがうれしい

けこみ部分を浅い引き出しにしたタイプは、ごみ袋やラップ類、缶詰などのストックにはちょうどいい大きさです。

深さのある引き出しを作ったキッチンもあり、高さのある鍋などの収納も可能です。

 

 

 

◉低い位置の収納を上手に使いこなす

足元の低い位置にある引き出しは、重たいものも収納しやすく、便利です。

毎日使うものよりも、ストック品や使用頻度の少ないものの収納に適しています。

2-01.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.浴室暖房で冬も安心、快適入浴

冬の寒いお風呂場が原因のヒートショック対策も浴室暖房が解決します!

3-01.png

 

◉寒くて危険な冬場の入浴

冬場の寒いお風呂場は、急激な温度変化による危険なヒートショックの原因と言われています。

 

◉浴室暖房で暖かく快適に

浴室内だけでなく、洗い場の床から温めるので、入浴時には浴室全体がポカポカになります。

3-02.png

 

 

 

 

 

 

 

◉脱衣所もポカポカ暖かく

ヒートショック対策では、浴室だけでなく、入浴前後の脱衣所も暖かくしておくことが大切です。

お風呂のお湯を自動で除菌できる給湯器もあります。

3-03.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らしの通信 夏号

hp-tusin2017_summer_1.png

すっきり心地よい家で快適に夏こそ始めどき!
快適シンプルライフ

 
 
 
 
hp-sum2017_summer_1.pngのサムネイル画像のサムネイル画像物を減らし、きれいをキープ!シンプルな暮らしを楽しむためのテクニック を紹介します。
衣服が身軽になり、住まいのファブリックアイテムも薄手のものが中心になる夏は、シ ンプルな暮らしを始めるちょうどいいタイ ミング。すっきり片付いた住まいで、暑い 夏を乗り切りましょう。現状をチェックすることから始めましょう。リビングならテーブルやソファ、床、カウンターなどに、出しっ放しにしがちな物はありませんか。持ち物の量にかかわらず、こ うした広いスペースをいつも空けておくよう意識するだけで、すっきりとした印象の 空間になります。部屋をチェックしなが ら、どんな空間にしたいか、理想の姿をイ メージしていきましょう。散らかる物&場所にそれぞれ対策を次に収納を見直します。出しっ放しにな りがちな物には、決まった収納場所を確保 します。いま使っている収納も、中身と使用頻度を比べ、よく使う物を使いやすい場所に片付けられるようにしてください。
文房具などの細かいアイテムは、目立つ場所に置くとごちゃついて見えますので、ふ た付きの収納ボックスなどで隠しつつ使いやすく片付けましょう。片付けを習慣化してきれいな状態をキープせっかく片付け場所を決めたのに、また散らかってしまうというときは、収納場所が片付けにくかったり、狭かったりしないかチェック。 しまいやすい収納があれば、いつまでもきれいな状態が続きます。「持ち物にあった収納場所をつくる」という小さなリセットを繰り返し、自分らしいシンプルライフを目指しましょう。

シンプルライフ実現のために、持ち物をほどよく整頓する方法を紹介します。

無理することなく 持ち物を整頓するには?

持ち物の量には個人差がありますが、収納しきれないほど物があふれているなら、 暮らしにあった量まで見直すことが必要でしょう。 おすすめの整頓は、小さな収納の見直しです。不要なものや使わないものがない
かを定期的に確認し、物を減らしたり移動させたりして、使いやすい状態をキープするようにしましょう。

捨てるかどうか迷ったら、一時保存の箱へ!hp-hako2017_summer_1.png

中には勢いで物を捨てたり片付けたりして、後悔した経験がある人もいるのではないでしょうか。長く使っていない物、いらないかもと思った物でも、まずは一時的に別の場所に片付けてみて、捨てるかどうかの見極め期間を持つというのもひとつの手です。半年間、一度も使わなかったら捨てるなど、ルールを決めて実践してみてください。一次保存のための箱を作り、少しでも迷ったらまずはここへ。「期限を決めて処分する」「箱は増やさない」など、マイルールを作ることが大切です。
 

冷やしすぎに気をつけて。暑い夏こそ「冷え」に注意!

hp-hie017_summer_1.png高温多湿で過ごしづらい日本の夏は、暑さを我慢せずしっかり水分をとるなど、熱中症や脱水症状の対策が欠かせません。一方で快適に夏を過ごすには、冷房等による「冷え」にも注意が必要です。冬だけじゃない!夏に体が冷えるワケ太陽の照りつける屋外と冷房のきいた屋内は温度差が大きく、こうした場所を行き来していると、体温調節のために体力を消耗してしまいます。これにより、血のめぐりなどが悪くなり、冷え症や不調を起こしやすくなるのです。冷房を調節できる場所では温度を下げすぎ
ないようにし、冷房を調節できない場所で長時間すごす日はサンダルを避けるなど、冷やさない服装を心がけてください。
また、口にする物のバランスも大切です。冷たい食べ物・飲み物ばかりにならないよう、温かいものと組み合わせるなど工夫しましょう。

温度調節できるアイテムを外出時は持ち歩こう。2hp-uwagi017_summer_1.png

電車やバスなどの公共交通機関、デパートや映画館などの商業施設を利用するときは、冷房対策として、ストールやカーディガンなど体を温めるアイテムを用意しておきましょう。

1日の終わりは入浴で体をゆっくり温めて。

冷房などで体が冷えてしまうことが多いからこそ、1日の終わりにしっかり湯船につかって体を温めましょう。湯上がりには、肩や手首、足首などをゆっくりストレッチしてほぐすのもおすすめです。

hp-hint017_summer_1.png快適に夏を過ごすひと工夫。

冷えは防ぎたいけれど暑さがつらいという人は、ミントティーやフレグランスなどスッキリする香りのものや、見た目に涼しい寒色のファブリックや服装など、暑さを和らげるアイテムを活用してはいかがでしょう。冷却スプレーなど直接肌を冷やすアイテムは、手軽に涼感を楽しめますが、使いすぎに注意してください。

汚れは年間スケジュールを立てて掃除を。hp-onepoint017_summer_1.png

毎日の掃除にプラスして、汚れにくい場所の掃除を定期的に実践すれば、きれいになるうえ年末の大掃除も楽になります。スケジュールは1か月ごとに季節にあった場所を設定し、集中的に掃除しましょう。たとえばベランダや窓、ウッドデッキなど屋外は夏がおすすめ。冬と異なり水の冷たさを我慢せずにすむうえ、水分も乾きやすいので一石二鳥です。
 

hp-recipi017_summer_1.png暑い夏こそしっかり食べて!「 魚料理・アクアパッツァ」

ミニトマトやパプリカなど彩り鮮やかな夏野菜と一緒に楽しめる、
フライパンひとつでできる簡単レシピです。
 
recipi2017_summer_2.png

世田谷区のエコリフォーム補助金、29年度も継続です。

<対象工事>

〇外壁・窓・屋根の断熱改修

〇ソーラーシステム、太陽熱温水器の設置

〇節水トイレの設置

〇高断熱浴槽

その他分譲マンションの共用部分改修(LED照明器具・手すり設置)など。

 

<予定額>

リノベーション+耐震改修工事で工事経費の最大20%(上限40万円。リフォームのみは経費の10%で上限20万円。)

 

<手続きの流れ>

相談・見積り→申請書提出→決定→契約→契約書の写しの提出→工事→工事完了→完了検査→交付額決定→請求書提出→補助金の支払い

 

<申請できる人>

下記のいずれの住居も区内にあることが条件です。

〇自分が所有する住宅(分譲マンションの区分所有を含む)に居住している世田谷区民。

〇賃貸住宅を所有している世田谷区民

〇分譲マンション管理組合

 

その他申請条件(世田谷区に住民登録があるかどうか、また建築基準法に適合している建物か否か、など)、必要書類等、詳しくは区のHPをご覧下さい。

 

<問い合わせ先>

〒154-8504  世田谷区世田谷4-21-27

世田谷区都市整備政策部 住宅課 計画・庶務 区役所第3庁舎プレハブ1階

電話 03-5432-2499

FAX 03-5432-3040

リクシルPATTOリフォームのご案内

今の住まいをいかに魅力的にしていくかという、リノベーションやリフォームには、

大きな可能性があります。特に大掛かりでなものではないリフォーム、

まさに

リクシルPATTOリフォーム

は、小さな負担で、家族を明るく、そして楽しくします。

 

値段がわからなかったり、時間がどのくらいかかるかわからなくて踏み込めなかったリフォーム工事。

リクシルが、ずっと身近に簡単にしました。これまでガマンしていた住まいの不満も、

最短1時間の工事でスッキリさようなら。これが リクシルPATTOリフォームです。

 

日本を”パッと明るく!”をコンセプトに

リクシルPATTOリフォーム大作戦2016年10月からスタートしています。

ご不明な点は、お気軽に当社までご相談ください。

 

 

 

「終活」と「耐震改修」について。

「終活」と「耐震改修」について。

 
「終活」とは、平成21年に週刊朝日が造った造語だそうです。
もともとは「人生の良い終わり方をする為の、事前準備」といった意味だったそうですが、
現在では 「 人生の終わりを考えることで自分自身を見つめ直し、『今』をより良く、自分らしく生きること 」
に変わってきているそうです。
 
当社の耐震改修やリフォーム工事とは、あまり関係ない言葉に思われがちですが、
実は結構関係があったりします。
 
「終活」の一例として、
エンディングノートをまとめる、お葬式・お墓を準備しておく、自分の荷物を整理しておくなど
色々とあると思いますが、ご自宅の建物はどうされるのでしょう?
 
以前は「財産分与で・・・」でしたが、最近の終活の『今をより良く、自分らしく生きる』から
万が一の備えとして耐震化されて、安心して余生を送られる方が多いようです。
 
また、耐震改修工事の際、押入れの壁内を耐震補強することが多いですが、
その際押入れの中身を一度出すことになります。
終活の一つである「自分の荷物を整理しておく」の良い機会でもあるのです。
 
実はそれが「自分で出来る耐震」にも繋がります。
地震のとき、屋根が瓦などで重いと揺れが大きくなり、建物の負担が多くなる話を聞いたことがあると思います。
あまり使わないけど取ってある荷物は、大体2階の使われなくなったお部屋にあることが多いのです。
「屋根が重い=2階の荷物が重い」いくら建物を耐震補強しても、その効果を下げるものがあっては意味がありません。
 
 
今をより良く、自分らしく生きる為にも「終活」の一環として、
耐震改修をご検討されてみてはいかがでしょうか?
 
当社では、無料の耐震改修・リフォーム相談を行っております。
 「耐震工事って、どのくらい掛かるの?」
 「うちには、どんな方法が合ってるの?」
 「住みながら、工事出来るの?」
 
などなど、何でも構いません。
お気軽にご相談ください。
 
  フリーダイヤル 0120-240-839
 
  メールアドレス info@myc-home.com
 

もうすぐキャンペーン終了です!お急ぎください!

LIXIL ユニットバス 「アライズ」 、 「リモア」のグレードアップキャンペーンが、まもなく終了します!

 

今年9月からのLIXILキャンペーン ユニットバス「アライズ」、「リモア」のグレードアップキャンペーン

まもなく終了します。

平成28年12月31日(土)までの納入期間が対象となりますので、ご検討中の方は急ぎください!

 

対象商品:ユニットバス「アライズ」、「リモア」

ご採用得点:無償グレードアップ 下記3つの中から1つお選びいただけます。

      ①あたたかパック

      ②フルデジタルサウンドパック

      ③浴室換気暖房乾燥機

LIXILキャンペーン アライズ・リモアグレードアップ01.jpg

LIXILキャンペーン アライズ・リモアグレードアップ02.jpg

 

結露対策

『結露対策』

LIXILリクシルインプラス結露対策01.jpg

「結露」とは。

暖かい湿った空気が、急に冷やされたりしたときに、空気中の水蒸気が水滴になる現象を「結露」といいます。
例えばコップに冷たい水をそそぐと、コップの外側に水滴がつきます。それが結露です。
 
暖かい湿った空気の原因は、お鍋・やかんでお湯を沸かしたり、お風呂の湯気・ストーブ・植物と、
色々なものから水蒸気を発生させます。人間の体からも発生します。
 
室内で水蒸気が発生し、冷たい外気が窓の表面温度を下げ、水蒸気を含んだ室内の空気が窓に触れること
により「結露」が発生します。
 
結露が発生することにより、カビやダニが発生します。
美観を損ねるだけでなく、健康に良くないのは言うまでもありません。
LIXILリクシルインプラス結露.jpg

「結露を抑えるためには」

①断熱窓の使用(内窓とも呼ばれます)
 断熱窓は、外気の冷たさを室内側に伝え難くします。
 窓枠やサッシの室内側表面温度を下がり難くすることで、結露の発生を抑えます。
 
 ・断熱窓のメリット
  窓周辺で冷えた空気が床へ流れる現象(コールドドラフト)が減少するため、足元の寒さを抑えます。
 
②建物の断熱化
 断熱材は、外気の冷たさを室内に伝え難くするとともに、建物の保温性を高め、室内温度を下がり難く
 する効果があります。
 
 

-----  お知らせ  -------------------------------------------------------------------------------

 
2016年12月12日より、国土交通省「住宅ストック環境支援事業」の事業登録が開始されます。
こちらの制度は、断熱窓や断熱材を設置する際に、
                    最高で30万円/戸 (耐震改修を行う場合は45万円/戸)まで補助される制度です。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 

outline_cocoeco_img_01.jpg

 

さらに・・・

換気をしたり、水蒸気の発生源を減らすと効果的です。加湿器、室内干し、調理時の換気、などなど。
 
※室内温度20℃、湿度50%であれば、カビやダニが発生し難くなります。
 
 
 
ガラスのみをペアガラスにしたり、サッシ自体を最新のものに変えたりすることも可能ですが、
費用対効果を考えた場合、断熱窓(内窓)がオススメです!
 
 
 
 

断熱窓(内窓)には、もっとこんな良いことが・・・

断熱効果…外気と内気の熱を伝え難いので、冷暖房効率が良くなります。
遮熱効果…断熱効果同様、夏の暑い日差し・冬の冷気が遮断でき、冷暖房効率が良くなります。
防音効果…音は空気を振動させることにより伝わります。壁よりも窓はその振動が伝わりやすいです。
                    2重にすることにより音を伝わり難くする効果があります。
目隠し効果…断熱窓(内窓)には、曇りガラス状の仕様がございます。人目を気にすることなく採光が取れます。
 
 
オススメ断熱窓(内窓)
LIXIL製 断熱窓(内窓)「インプラスウッド/インプラス」
 
 
 
 
LIXILリクシルインプラス結露対策02.jpgのサムネイル画像
 
LIXILインプラス施工イメージ.jpg
 
 
 
断熱窓(内窓)リフォームや補助金制度について詳しくお知りになりたい方は、
当社までお気軽にお問合せ下さい。
 
 フリーダイヤル 0120-240-839
 
  Eメール info@myc-home.com
 

« お知らせ | メインページ | アーカイブ | 地震の知識 »

このページのトップへ