国土交通省がブロック塀の耐震改修などで新たな補助制度を創設します/最新情報

HOME > 最新情報 > お知らせ > 国土交通省がブロック塀の耐震改修などで新たな補助制度を創設します

国土交通省がブロック塀の耐震改修などで新たな補助制度を創設します

国土交通省が、ブロック塀の耐震改修などで新たな補助制度を創設

耐震診断、除去・改修費のそれぞれ3分の2を支援

国土交通省では、2019年の予算のなかで、危険なブロック壁を対象として、

耐震診断・除去・改修費を補助する制度を新たに創設します。

住宅・建築物安全ストック形式事業の一環として実施するものです。

地方公共団体が地域防災計画又は耐震改修促進計画で位置づけた避難路(通学路を含む)沿道の

ブロック壁などの耐震診断、除去、改修などを対象に補助を実施します。

ただし、ブロック塀などの所有者に対して、パンフレットの配布といった

ブロック塀の安全確保に関する積極的な周知活動を実施している地域であることが求められます。

 

交付率は、耐震診断に対して国が3分の1、地方が3分の1です。除去、改修等に対しても同様です。

交付対象限度額は、80,000円/m (耐震診断、除去、改修等の事業費総額)

住宅なども対象になっており、この補助制度をきっかけとしてブロック塀の耐震改修ニーズが

高まる可能性もありそうです。

 

< マンション耐震セミナー開催について(東京都主催)  |  一覧へ戻る  |  求人情報【建築設計補助スタッフ・一般事務パート】 >

このページのトップへ